カテゴリー「農作業(お米)」の記事

2017年4月30日 (日)

田んぼの作業

我が家の小さな田んぼ。

ゴミ拾いして、草刈り、もうヤギさんはたんぼに出てきません。

草を刈ると見通しが良くなって、広く感じます。

Img_20170430_072004


Img_20170430_072223


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

稲かりが終わって・・・

稲刈りが終わって、とにかくほっとしています。

稲刈り後、初のヤギさん登場!
Tanbo_ryu

 
しかし、刈ってしまった草ばかりで食べる草がなく、ふてくされたように座り込んでいます。
今、畑の方にも草もほとんどなく、エサがない時期。
今日は真夏日で暑かったので、早々に田んぼから退散しました。
161020koko
我が家の猫、ここちゃん。通路でごろごろしているところ、写真をパチリ!目線が合う写真が撮れました(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

やっと稲刈り終わる

 

2反くらいしかない田んぼ。
ヒエ(雑草)がはびこってしまった田んぼ。
9月の長雨で、倒れてしまい、稲から芽が出ちゃっている。
Ineme
かなり大変な稲刈りでした。

今日、なんとか終了!!(≧∇≦)
まだ、脱穀も終わってないので、お米の作業はしばらく続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

困ったなぁ

困った。

その1>大雨で畑はぐちゃぐちゃ。道は川のようになっています。
     せっかく植えてあるきゅうりやピーマン、ナス、かぼちゃなど被害が出そう。

その2>やはり大雨で、台風の風もあり、稲が倒れそう。
     取り切れていないヒエ(雑草)も多いから。

その3>私の趣味のために栽培している綿花。
     風と雨の影響で、倒れています(>_<)。支柱をいなければなりません。

その4>趣味続きで、先日書いた「泥藍づくり」は、やはり失敗かな。
      けれど、進歩はありました!口癖のように言っている『失敗は成功の元』

その5>畑は上記のような状態で、ヤギも外に出せません。ストレスフルなリュウノスケ。
     今日は晴れていたので、少しだけ外の水浸しの様子を見たらあきらめるかと思ったら、その逆。座り込んでしまった(+_+) 手前が道ですが、小川の様にちょろちょろと水が流れています。
Dcim0299

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

麹造り

今年は米麹造りを2回しました。
だいぶ、作業工程も慣れてきました。その分、作る量もかなり多くなってきた。

2016022911200000
せいろ2段で、米6升です。
Koji2    
途中の経過。少しずつ、白くなっていきます。
Koji160302
いちお、これで完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

お米の勉強、集大成

今日は辻小学校5年生のお米の勉強の最後の日。
餅つきでした。

5年生はもち米を作りました。
代掻きから始まり、田植え、草取り、稲刈りを経験し、おはぎを食べ、最後は餅つきです。

杵と臼でつく餅つきは、いろいろとコツがある。

蒸した米を最初は練るようにして、その後ぺったんぺったん。
合いの手も経験が必要です。私はこの合いの手がちょっと苦手。
母と交代しながら、不慣れながらお手伝い。

そんなことをしていたら、写真の1枚も撮れず終わりました。

PTAの協力もあり、きな粉、大根おろし、砂糖醤油の3種類を食べてました。

最後のあいさつで5年生の前に出て、

「ありがとうございました」の声に、感動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

今年の田んぼは・・・

ヒエだらけ。

夏場、夫が必死になってヒエ取りしていました。
Dvc00114


しかし、ながらヒエの勢いがすごく。

151004_tanbo1





こんな状況です。ここは黒米を栽培しています。

ヒエとりしながら、少しずつ稲刈りが始まりました。

頑張らねば!

151004_tanbo2

--------------------

ヒエとり、ボランティア募集しています。

来週の3連休に参加できる方、メールくださいませ。

| | コメント (0)

2014年5月31日 (土)

中華おこわ

久々の更新です。

タケノコの季節。我が家はハチク(淡竹)という種類の竹で、灰汁が少ないものです。
タケノコ、もち米、干しシイタケが我が家にはたくさんあります。(もちろん、販売しているもののあり)
大量消費メニュー!≪中華おこわ≫

Okowa1 Okowa2
タケノコ、干しシイタケ、ごぼう、人参、鶏肉、もち米。
(写真もち米2升分)

タケノコの炊き込みご飯とは一味違って、もち米だからもちもち感もあり、美味しい。

かなり手間がかかりますが、作れる幸せと、食べられる幸せを感じながら、いただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

麹の仕込み~味噌作りその2

翌日は、この米麹を味噌に仕込みいれました。

今年の大豆は、初の自家栽培した「たどころ豆」、鳩ヶ谷で古くから栽培されている豆です。

Miso1_13

左が水につける前、右が茹であがったもの。大きさがこんなに違うんです。

Miso2_13_4

茹でた大豆を餅つき機でつぶします。

Miso3_13_4

米麹と塩、大豆を混ぜているところ。

Miso4_13


これで完成!秋ごろまで発酵を待つ。

我が家で作った大豆と、自家製米麹の味噌の味が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

麹の仕込み~味噌作りその1

去年は米麹を作ることができなかったんですが、今年は量を増やして作ろうと思っていました。

現代農業を見ていると、米袋で作っている方が多く、私も試してみました。

Koji01_13

蒸したお米に麹菌を振り掛けているところ。米袋に入れて、ホットカーペットと毛布で保温。

Koji02_13_2
6時間後くらいは、まだ普通のお米

Koji03_13_2

2日目の夕方、少し白っぽくなり始めます。米麹も熱をもってきます。

Koji04_13

3日目早朝、かなり真っ白になり、ほぼ完成。

Koji05_13

3日目の昼、真っ白のケバケバもあります、これで完成!

米袋での米麹づくりは、少しムラがありますが、なかなかうまくできそうです。

ただ、今後の課題は熱が上がりやすいことと、湿度の保持でしょうか。

<続きはこちら 麹の仕込み~味噌作りその2>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧