カテゴリー「趣味」の記事

2016年9月16日 (金)

藍の煮出し染め

今年の夏は、藍に夢中。
沈殿藍作りしてみたものの、これでよいのか?とクエッションが残るまま。

Aitinden2

藍の枝葉2キロくらいで、こんなもの。約20グラム。
9月に入ってからも、沈殿藍作りしたかったが、天候は悪く気温も涼しくなってきたので、やめました。また来年に向けて、頑張ります。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そして、藍の生葉?青汁?を煮出しても面白い色が出る・・とも聞きました。ネットでも検索して、生葉で煮出し染めしてる方を発見。

方法は、煮出し汁と、生葉の青汁(酵素液として使用するようです)を混ぜて、染めるようです。
早速、トライ!
生葉染と色の違いがでるのか、研究のため、少量の毛糸(ウールたぶん100%)
煮出します。
Ainidasi
Ainidasi2
バケツにあけて、40度以下になるまで冷まします。
最初は茶色。

そこに生葉をミキサーにかけて、ネットに入れて汁だけ取りました。
その青汁を40℃以下になった煮汁に、投入(写真ありません)

ウールの糸と、重曹で洗ったもの、水で洗ったものを入れました。
Ainidasi3 Ainidasi4
時々混ぜながら、30分放置。

30分後には、茶色だった液が濃い青い液に変わります。これも(@_@)。

比較用の生葉染。ウールのみ。
Ainamabazome

染めた結果はこんな感じ。
Aikurabe Aikurabe_momen

ウールの色の違いにびっくりです。
上が煮だし液を使った方。濃い青色です。
下が生葉染。
木綿は薄いし、すぐに色落ちしそうです。
木綿は、煮出しながら染めると違うかもしれない?!今度、トライできるときがあればやってみます。

この方法を知って、毛糸を染めたくなりました。
生葉染した毛糸は、どんな藍の葉の量を多くしても「水色」。夫から「冬にその色(水色)は寒々しい」と言われてから、ウールの毛糸を染めなくなりました。
まだ、生葉があり、そろそろ花も咲きそうなので、早めにどうにかしたい。
こんなに濃くなれば、ウールの毛糸を染めてもいいなぁ。セーターを編みたくなりました。
藍の奥深さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

只今、挑戦中

Tai_081900

蓼藍から、泥藍が作れるとSNSで知りました。

藍の生葉染は、青汁にしたら絹やウールは良く染まります。木綿や麻などは薬品を使わないと染まりません。しかし、この泥藍が作れたら、木綿も染められるようになり、かつ、乾燥された藍になるので、季節も限定されずに使えるとのこと。
葉っぱはいっぱいあるので、チャレンジしています。

すでに2度やったけど、失敗でした(+_+)(p´□`q)゜o。。
これで3度目の正直となればいいんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

麹造り

今年は米麹造りを2回しました。
だいぶ、作業工程も慣れてきました。その分、作る量もかなり多くなってきた。

2016022911200000
せいろ2段で、米6升です。
Koji2    
途中の経過。少しずつ、白くなっていきます。
Koji160302
いちお、これで完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

ずっごいパワーだ!

自家製麹を作り始めて数年がたちます。

使い道は、

味噌用の麹、
塩麹、
それと、大人のための発砲ジュース(〇ぶろ●)(笑)
です。
下戸なので、お酒は飲めません。一口くらいがせいぜい。
それでも大人のための発砲ジュースを作りたい理由は、ただ、「面白そうだから」
始めてみたら、面白いこと!
見る見るうちに、変化していく過程が面白い。
それに発酵力が強い。
パンの酵母もなるだろうと夫と話して、
元種を作る。
大人のための発砲ジュース+強力粉+水
を適当な分量で、煮沸消毒した瓶に入れて、常温に置く。
瓶の半分くらいの量だったのに、
6時間くらいでぷくぷくだ。
Kobo_160223
取り急ぎ、冷蔵庫へ。
翌朝、
Dscn5187 Dscn5189
蓋を開けた途端、溢れました!
新しく3つの瓶に分けて、さらに強力粉と水を足して、元種の量を増やしています。

そして、たくさんパンを焼く予定です♪

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

今年の味噌

今年は自家製麹100%。

●瓶1: 大豆2キロ、麹2キロ、塩1キロ

162kmiso_1
左がつぶした大豆。右が塩切り麹。
162kmiso_2
混ぜています。
●瓶2: 大豆1キロ、麹1キロ、塩500g
16ekamamemiso
これは、枝豆から大豆になったもの。お隣さんからいただきました。
つぶれ具合がいまいちかも。つぶつぶのお味噌になるかな。
●瓶3: 大豆1キロ、麹1.5キロ、塩450g
16chuumiso
これは甘口味噌です。
結構、暑いときはこの味噌がよかったり、普通味噌と合わせて使ったりします。
今年の仕込み、おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

藍の生葉染め

夏!と言えば、

藍の生葉染め!!

7月上旬は雨続きでした。その時は藍の葉っぱもとっても緑色で元気だったけど、梅雨明けしてから、猛暑続きのせいで、葉が黄色や赤色も目立つようになってしまいました(T_T)

友人と生葉染めをやってみました。

葉に含まれるインジコが少ないかもと心配していましたが、とってもいい色がでました。

0727aizome

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月31日 (土)

中華おこわ

久々の更新です。

タケノコの季節。我が家はハチク(淡竹)という種類の竹で、灰汁が少ないものです。
タケノコ、もち米、干しシイタケが我が家にはたくさんあります。(もちろん、販売しているもののあり)
大量消費メニュー!≪中華おこわ≫

Okowa1 Okowa2
タケノコ、干しシイタケ、ごぼう、人参、鶏肉、もち米。
(写真もち米2升分)

タケノコの炊き込みご飯とは一味違って、もち米だからもちもち感もあり、美味しい。

かなり手間がかかりますが、作れる幸せと、食べられる幸せを感じながら、いただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

うまいんです!-----パンチェッタ

雑誌に載っていた「パンチェッタ」のレシピ。
美味しそう・・・と思って、早速作ってみました!

豚バラブロックを塩漬けして、1か月熟成・乾燥させたもの。

Pancetta1 塩漬けしたばかり。

Pancetta2 ブラックペッパーとタイムを塗りこみました。その後、脱水シートにまいて、冷蔵庫内で乾燥。

Pancetta3


1か月が経ち、本日食べました!

そのまま薄切りにして、焼いて食べたらしょっぱかった。
冬瓜スープに入れると、塩気が水分に移り、いい感じです。

塩で熟成された感じがたまらなく、いい!(自画自賛happy01

パンチェッタのレシピをみると、イタリアの料理に使われるようで、パスタやスープが多いみたい。

ベーコンはスモークする大変さもあるけど、それは時々脱水シートを取り換えるだけなので、保存食としてはいいかな。それに美味い!

初めてのトライだったので、700グラムくらいの豚肉だったが、1か月もかかるとなると、もっと多い量をやったほうがいいかな。

やっぱり、手作りって面白いです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月31日 (水)

藍の生葉染め体験-感想-

藍を育てて3年目。
去年から、「藍の生葉染め体験」を我が家でもやってみたかった。生葉染めは基本的に絹やウールなど動物性の繊維しか染まりません。とてもきれいな水色になりますが、絹やウールは日常的な使うものとしてはなかなかありません。木綿を染めるには、薬品がいるとわかり、染料店で見ると、500円程度で買えたので、やってみることにしました。なかなかよい色になりました。

初めて体験会を開きました。大人3名、こども2名の参加。

染めるものは、木綿手ぬぐいかハガーゼハンカチ。ゴムで縛ったりして、柄をそれぞれつけました。

葉っぱは取ったら結構いっぱいありました。約1キロ。

Ai0728_01

それをフードプロセッサーと包丁も刻み、洗濯ネットに入れます。その後水を加えて、揉みだすと、青汁がでてきました。

Ai0728_02 Ai0728_03

Ai0728_04 ソーダ灰とハイドロを加えると、濃い緑色に変わります。そこに手ぬぐい、ハンカチを入れて、待つこと30分。

Ai0728_05  Ai0728_06 

緑色に染まりました。染液から取り出したばかりは、緑色です。
空気に触れていくと、青くなりました。

Ai0728_07  Ai0728_08

なかなかみんな素敵な柄も出て、青もきれいです。この変化はこどもたちも楽しんでくれたようです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

解散後、染液がもったいないなぁと、夫がタオルを投入。真っ青になりました。それでももったいないなぁと、一度染めた長Tシャツを入れてみました。そうしていたら、母もTシャツを持ってきて・・・

Ai0728_kt     Ai0728_yt

やはり少しは薄くなっていますが、なかなかいい色です。

8月もまたやりたいなぁ。早く計画立てなくっちゃ。




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

自画自賛の味噌べら

Misobera1


数年前に買った味噌についていた「味噌べら」(写真の一番右)。あまりにも小さすぎて、使いにくい。だけど、こんなものが欲しいと思っていた。
それで、竹で作ることにした。

写真の左のしゃもじを参考に。

夫があらかたの大きさをカットしてくれたので、楽でした。
ナイフや丸刀で、削って、削って・・・

じゃじゃーん! 

Misobera2 Misobera3_2

表と裏です。

横からはうまく写真がとれなかったんですが、すくえるように、丸みがあります。

早速、味噌用に使うと!

Misobera4_3(写真、ピンボケです)味噌の樽から、タッパに移すときに使います。

いい!!
いい!!自画自賛!!!
味噌がすくいやすい!

ゴムベラもよく使うんですが、しっくりこなかったんです。

この写真のときは、すべての味噌を移し替えるので、ごっそりとっていますが、普段は少量をすくい、味噌樽の味噌は、平らにしておきます。そのために、しゃもじの先を平らに感じのものがいいわけです。

わっはは!自画自賛の味噌べらです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)