« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の記事

2016年2月29日 (月)

蒸し米

蒸し米
今日も釜戸で蒸しています

2016年2月28日 (日)

餅つき会しました!

0228moti_2

お天気にも恵まれ、餅つき会しました。

最初の申し込みでは、60名近くなる予定でしたが、
インフルエンザ、仕事などキャンセツが相次ぎ、40名ほどでした。
いつもながら、ドタバタなところもありましたが、
来ていただけて、楽しんでいただけて良かったです。

2016年2月27日 (土)

きゅぽらん♪

きゅぽらん♪
赤城屋さんのきゅぽらんどら焼♪

明日の餅つき会の準備が終わりません(^o^;)
ちょっと一服。

2016年2月25日 (木)

カッコイイ

半纏を作りました。(夫の意向で)

背中は肥留間家の家紋。「頭合わせ三つ雁金」と珍しい紋。
前は、五香屋の屋号と、肥留間農園。
その文字の上のマークは、五香屋のマーク。
Hanten2Hanten1
今後、イベントの時に着ようと思います。

2016年2月24日 (水)

ずっごいパワーだ!

自家製麹を作り始めて数年がたちます。

使い道は、

味噌用の麹、
塩麹、
それと、大人のための発砲ジュース(〇ぶろ●)(笑)
です。
下戸なので、お酒は飲めません。一口くらいがせいぜい。
それでも大人のための発砲ジュースを作りたい理由は、ただ、「面白そうだから」
始めてみたら、面白いこと!
見る見るうちに、変化していく過程が面白い。
それに発酵力が強い。
パンの酵母もなるだろうと夫と話して、
元種を作る。
大人のための発砲ジュース+強力粉+水
を適当な分量で、煮沸消毒した瓶に入れて、常温に置く。
瓶の半分くらいの量だったのに、
6時間くらいでぷくぷくだ。
Kobo_160223
取り急ぎ、冷蔵庫へ。
翌朝、
Dscn5187 Dscn5189
蓋を開けた途端、溢れました!
新しく3つの瓶に分けて、さらに強力粉と水を足して、元種の量を増やしています。

そして、たくさんパンを焼く予定です♪

2016年2月22日 (月)

今年の味噌

今年は自家製麹100%。

●瓶1: 大豆2キロ、麹2キロ、塩1キロ

162kmiso_1
左がつぶした大豆。右が塩切り麹。
162kmiso_2
混ぜています。
●瓶2: 大豆1キロ、麹1キロ、塩500g
16ekamamemiso
これは、枝豆から大豆になったもの。お隣さんからいただきました。
つぶれ具合がいまいちかも。つぶつぶのお味噌になるかな。
●瓶3: 大豆1キロ、麹1.5キロ、塩450g
16chuumiso
これは甘口味噌です。
結構、暑いときはこの味噌がよかったり、普通味噌と合わせて使ったりします。
今年の仕込み、おしまい。

2016年2月21日 (日)

安心できる場所

美容院・・・

引っ越すたびに悩ましい。
独身の頃、引っ越すたびにあっちに行ってみたり、こっちに行ってみたり・・・けど、ココだ!と決め手になるお店がないと、ちょっと憂鬱。

元住吉に住んでいたころ、お気に入りのお店があったなぁ。
鳩ヶ谷に引っ越してきて、
ずいぶん、あっちこっちの美容院に行きました。
A店は、スタイリストさんはいいけど、お店の雰囲気が気持ちが悪い
B店は、技術はいいと思うけど、子供がうるさい
C店は、空間はまずまずいいけど、店長?さんに落ち着きがない
それで、検索していたら、ちょっと離れているけど、素敵なお店を発見!
顔そりもできる美容院だった。
2席しかなく、個室っぽい空間になる。
顔そりも気持ちがいい。
とにかくここの空間が好きだ。
音楽も心地が良い。
少しアロマの香りも。
リラックスできる。
ここにしてから、2年くらいになるかな。
ホント、行くたびに気持ちがいい。
リラックスして帰ってくる。
こんな美容院に出会えて、本当に良かった。

base hair
本当はあんまり教えたくないくらいだ。

作る毎日

2日前、3日前は、柚子ピール、夏みかんピール作り。

昨日は、味噌作り。

今日は、いただいた(一部は買った)無農薬レモンを作って、ジャム作り。

毎日のように、作るモノでいっぱいだ。

そして、明日も味噌作り。

写真は・・・またできたら後日アップ予定。

2016年2月19日 (金)

活かされず(-_-;)

先日、川口のまちゼミで、枕の講座を受けてきて、自分に合った高さを聞いたはず。

しかし、今日起きたら、首こり(+_+)
ほんの少しだけ、タオルで高くしたら、ほんの少し高かったみたいだ。
凝りが首から肩にかけて痛くて、
それに加え、
午後は、ピールづくりをし、1本1本並べる作業。これが結構辛かった。
結構暖かかったのに、夕方になり急に冷え込んで、薄着のまま作業していたら、頭まで痛くなってきた┐(´д`)┌ヤレヤレ
早めに寝て、明日も頑張ろう!
ようやく、明日は味噌作りだ。

2016年2月15日 (月)

たまには野菜

たまには野菜のこと。
今は、芽キャベツが採れています。
Dcim0096
芽キャベツの畑。
Dcim0095
葉っぱをめくり、葉っぱをとります。
茎にびっしりとついているのが、芽キャベツです。

初めて見たときは、驚きました。

甘くておいしいです。

今日の夕食は、ジャガイモと芽キャベツを茹でて、サラダにしました。マヨネーズ+粒マスタード+少々の酢でドレッシング。

2016年2月14日 (日)

今日は暑かった

気象庁のHPから

さいたま 最高気温 16時18分に21.1℃
まだ2月だというのに、4月下旬並みとは・・・
風も強く、夕方は気分が悪くなりそうだった。

アイスでも欲しくなるくらい。

しかし、明日はまた急激に下がるらしいので、食べたかった小豆を煮た。

明日、お餅を入れて食べよう。

2016年2月12日 (金)

小説 感想

ミステリー小説 「絶叫」葉真中顕著

読んだ感想 (ネタバレあり)
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
NHKのひるまえほっと 女優・作家 中江有里さんのブックレビューをたまたま見て、気になった本でした。

死体が語る
・・・と言っていた気がして、どんな内容なのかな?と気になりました。
何か月も経ってから、読んでみようと思い、図書館で借りました。予約が多いために2か月くらい待ちました。
ようやく手にした「絶叫」
主人公 鈴木陽子。
無残な死体として発見されて、その死に至るまでの過去が語られる。
最初は、母からの愛されない感じがしんどい内容でしたが、どんどん引き込まれていきました。

警察官奥貫綾乃の捜査や彼女の過去の話も重なり合い、いろいろな女性の立場の人生観も含まれる。

後半は、どんどん怖い世界の話になり、人は環境によって変わっていく。
どこか平凡な鈴木陽子が、みるみるうちに変わっていく。
父の失踪から、その後が出てくるのかと期待してみたが、ほんの一瞬で終わった。

最後まで予想しきれない内容でした。

普段、触れない世界の話だったので、新鮮であり、怖かった。

2016年2月10日 (水)

小説

今、「絶叫」葉真中顕著を読んでいる。

ミステリー小説を読むことは私とって珍しい。

最初は重い感じのスタートだったが、今は物語の世界に引き込まれている。
まだ、読み終わっていないので、感想は後日書く予定。

2016年2月 9日 (火)

薪

薪、だいぶ片付けて、山積みの薪でしたが、減ってきました。

2016年2月 8日 (月)

針供養

Dcim0094

初めて、針供養に行ってきました。
旧暦睦月朔日と重なっていることもあって、中国人ばかり。

針供養も行列になってました。着物姿の女性も多い、ときどき男性もいました。

2016年2月 7日 (日)

鎮守の森

NHKBSプレミアム「明治神宮 不思議の森」 を偶然に見て、引き込まれてしまった。

森を作るために、100年後、150年後を想像して作られたとは聞いたことがあったが、詳しい内容はよく知らなかった。

森の観察をするために、たくさんの研究者たちが観察、研究を続けている。

そして、東京のど真ん中なのに、原生林のような森となった。

作りだした人々の未来予想図がすごいと思う。
手を付けず、そのままの姿。
たくさんの微生物、虫、鳥たち。
これからも森は守られていくのだろうけれど、
ダニなどは数が減っているらしい。はっきりした原因はわからないが、ヒートアイランド現象ではないかと、言っていた。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
数年前、たまたま暑い夏の頃、原宿駅のホームで電車を待っていると、
(ス~~~ )さわさわ と涼しい風が流れてきた。
とても気持ちがいい空気、風。

鎮守の森からの風。
神からの不思議な力と感じさせるような、涼やかな風。
若者の人ごみであふれていた原宿の駅で、この風に気づいた人はいたのだろうか。

2016年2月 6日 (土)

薪用の木をたくさんもらいました。

チェーンソーで切り揃えて、薪置き場へ運びます。

先は長い。

2016年2月 5日 (金)

助産師さんのお茶会

横浜のumiのいえ で、福岡県の春日助産院 信友智子さんのお話会。

春日助産院の名前は聞いたことがあって、
信友さんに会ってみたいと、かなり直感で、参加申し込み。

昼の部と夜の部があり、横浜まで遠いので、昼の部に行こうとしたら、
夫から「(忙しいから)昼はダメ」と。
夜ならOKとの前日にgoサインが出た♪

着物姿の信友さん。
参加者5名、のんびり始まった。

はなしはいっぱいあったので、まだ当分整理がつかない。
これから大切にしたいことをいっぱい気づけた。

話に出たこと

  • これからの助産師のあり方
  • その助産師をどう支えるか
  • 助産観、自然観、宇宙観を育てる
  • 男性性を発揮するために
  • 住環境
  • オキシトシン(loveホルモンと攻撃性)
  • 会社と妻、育児のはざまで
  • 死生観
  • 死を語る
・・・etc,
後半は、男性3名も加わって、ますます話が広がりそうでした。
もっともっと話していたかった。

2016年2月 4日 (木)

川口まちゼミ

川口まちゼミ 3回目(3年目)となりました。

講座数が急にどっと増えた印象があります。けれど、去年はやっていたお店がなくなっていることもありますね。

お店側にしたら、まちゼミのために時間を作っているのだから、いろいろ御苦労もあると思います。

けれど、客側にとってみたら、なかなか入りにくい個人商店さんと、顔見知りになれることがとても有難い。それぞれの専門知識を教えてもらえることも嬉しい。

今日は、紺屋 さんの「枕ひとつで眠りが変わる!」の講座を受けてきました。
毎日使っている枕を持参し、寝方や枕の素材、高さなどみてもらいました。

とても丁寧に見てもらえ、素材の違う枕を体験。また、寝具(敷布団)の硬さでも感じ方が変わるのは、とても新鮮でした。

寝るときの寝具ってとても大切。

わたしの枕は低すぎて、横向きに寝ると首回りがスカスカ。肩こりの原因→腰痛にもなると言われました。

首回りをタオル等で埋めるような工夫をしてみます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

話変わって、
ランチは、近くのフレーバー に行ってみました。
ランチの時間はお客さんもいっぱい。
ランチメニューが4種類あって、牛すじカレーランチを選びました。
味は星5点満点とするならば、★かな。
残念な気分。とてもよく煮込んであるんだけど、牛が全くない。煮込んで本当に筋が見えるくらい。ジャガイモ等の具材もなくて、サラサラルー。
ご飯もまあ美味しいけど、ちょっと固いかしら。
それに何より、料理の温度が低いと思う。アツアツすぎてもよくないけれど、それなりに温かいものがよかったなぁ。

店員さんの対応はとても丁寧で、GOOD。他のお客さんの応対も素晴らしいと思う。
だから、余計に残念に思います。今度は違う時間帯に行って、違うメニューを食べてみます。

2016年2月 3日 (水)

豆まき

邪気除けのヒイラギとイワシ

0203hiiragi
豆まきは、こどもの頃にしかやった記憶がありません。
嫁に来て、毎年やっております。
大豆の代わりに、落花生。
0203mamemaki
明日は、立春。こよみでは春ってことですね。
家の修繕しているので、落ち着かい毎日。片付けの日々。
今年の味噌作りもまだできていません。
来週くらいに、麹づくりから始めたいなぁ。

2016年2月 2日 (火)

日々、コツコツと。

午前中はぽかぽかな天気でした。
日の当たるところで、綿の種取。
まだまだたくさん種取しなきゃいけない。久しぶりにコツコツ、ちぎりとる。

ふかふかの綿花は触っているだけでも気持ちがいい。

しかし、器械もないまま、いつまで続くだろうかと、不安もよぎる。
何時になったら、これを糸にできるのだろう。
先を思うより、日々、コツコツとやるしかないかな。

2016年2月 1日 (月)

さようなら、佐藤初女さん。ありがとうございました。

森のイスキア主宰 佐藤初女さん。

映画「地球交響曲第二番」に出演し、私も知った。

手作りの梅干し、おにぎりが美味しいと評判だった。(食べたことがないけど)

著書もたくさんある。

初女さんの講演会も、3回観に行くことができた。
もちろん、叶うはずのないことだけど、
直接お会いして、いっぱい話してみたかった。

森のイスキアのこと、
染色の話、
こどものこと、
生きること、
丁寧な食事、
・・・etc,
初女さんからいただいた言葉をこれからも大切にしていきたい。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »