2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の記事

2013年1月19日 (土)

まだ溶けずに


Yuki_koya



ヤギ小屋の屋根は、つららができている。
山羊たちは14~18日の5日間せまい小屋の中でストレスフルな感じ。今日やっと外に出ました。

Yuki_yagi

遠いですが、田んぼの一部にいます。草があまりないので、ほぼ1日中「エサがない」と鳴いていました。キャベツやブロッコリーの葉っぱをあげています。

畑はの大根は、まだ雪に埋もれています。葉っぱはわかりますが、大きさがわからないので、収穫がなかなかできません。1本だけ、夫が採ってみると、置いた瞬間にひび割れてしまいました。温度差があるせいか?一度凍ったからか?原因はよくわかりません。これでは売り物にもなりません。

Yuki_daikonn

また、来週も天気予報では雪マークがついてしまった。困った雪です。

ヤギの毛でフェルトに・・・

大の毛はいっぱいとれるけれど、羊毛と合わせればフェルトになるかな?と思い、山羊たちの毛をブラッシングするときに集めている。

初めて、フェルト体験をしてみる。

羊毛はふわふわとしていて、柔らかいけれど、石けん水で揉んでいくうちに、どんどん縮んでいく。感覚としては、とても面白い。

大の毛も少し洗って、持って行ってみた。

スタッフの方が「ぜひ、使ってみましょう」と言ってくれたので、眼鏡ケース用のフェイルに載せてみた。

Dainoke0

紫の羊毛を重ねて、こすったり、揉んだり・・・

そうすると、フェルト化して、縮んでいく・・・のに、大の毛は直毛なので、ぴんぴんと出てきてしまう

Dainoke1


Dainoke2 Dainoke3 抜けてしまった大の毛。

だいぶなくなってしまった。

ヤギの毛でフェルト・・・・は夢で終ってしまうだろうか?

スタッフの方から、「紡いだ方がいいかも」と言われ、今度は紡ぎに挑戦だ!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そもそも、こんなことをしているのは、自分の家であるもので遊びたいから。
草木染も。

私の遊びの基本は、家で収穫できるもの、使えるもので遊ぶこと。

お金をかけないように・・・と思っていたが、なかなかそうもいかない。草木染もフェルトでも、紡ぎでも・・・・何かとお金はかかるし、情報を集めて勉強しないとなかなかうまくいかないものだ。

これからも、できる範囲で、できることを楽しんでみようと思う。


2013年1月15日 (火)

雪遊び

昨日はすっごい雪でした。予報では午後から降る・・・と聞いていたのに・・・一気に降り積もったので、10センチくらいはあるかしら?

午後から雪かきして、ガタガタ震えながら、足取りもおぼつかない。

翌日、晴れ雪は解け始めていますが、一部は凍っており、なかなか溶けそうもありません。

午後、小学校から帰ってきた甥っ子は、かまくら作りをしています。
「こどもは元気だなぁ」と思いました。
0115_ykamakura

ふと、一番降ったときの写真を撮っていなかったなぁと思い、写真を撮ることにしました。

しかし、少しずつ溶け始めた田畑の雪景色ではつまらないと感じ、

雪だるま作り開始。

0115_yukid1

雪を丸めると、冷たくてすぐに手がかじかみそう。目や鼻は何にしよう?とあたりを見渡したり、これは使えるかな?といろいろ探してたり、考えたりしていることが楽しくなってきました。

そこへ、夫がやってきて・・・

0115_yukid2


被り物をのせました。

0115_yukid3 0115_yukid4

意外とかわいくできたと、自画自賛!


 

2013年1月 7日 (月)

七草粥

Nanakusa

七草粥を初めて作りました。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

のうち、

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、スズナ、スズシロの6種で作りました。ほとんど、大根とカブが多いです。

これを食べてから、胃のあたりがすっきりした気がします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »