2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 夢を叶える魔法 | トップページ | 最近の自家製酵母のパン作り »

2010年11月29日 (月)

映画「玄牝」を観て。

映画『玄牝』を観てきました。

吉村先生の「自然なお産」に対する考え方は、とても尊敬しています。

吉村医院にも助産師の研修に行ったことがあります。
たった2泊3日でしたが、運良く3件のお産を見学させて頂きました。また、古屋での古典的労働も体験。妊婦さんがとにかくイキイキしている!!

映画の話しですが、
見る前は、楽しみでもあるけれど、内容がはっきりとわからないだけに、不安?心配?な感じもありました。

映画を観た感想は・・・

  数名の妊婦さんを追ったドキュメンタリー。本音を話しながら、ちゃんと今のお産に向き合っている妊婦さんたちが、かっこいい。

  出産シーンもありました。助産師としては、本当に産まれる瞬間って感動的で、ほっとするというのかな、、、元気に産まれた!と安堵する気持ち、・・・お産っていいなぁと改めて思う。

  吉村先生が、素のまま。それがいい。先生も悩んだり、迷ったりするんだなあ。

  いのち・・・生と死は両方を感じ、考えること。

  先生の言葉で、(正確ではないかもしれませんが)「文化が今のお産を産んだ」が印象。

  昔なら助からなかったいのち、今の医療なら助けることができる。だからこそ、だからこそ、自分の死生観もしっかり持っていないといけないんだなぁと痛感。

  この映画は、単なる‘吉村医院を伝えるだけではない’‘自然なお産を推奨しているわけでもない’・・・・いろいろ考えなさいって言われている。医療、いのち、生活、文化・・・・

  いろんな人に観てもらって、感じて欲しいなぁ。

-------------感想はここまで。

 偶然にも、この日は河瀬監督のトークショーがある日でした。
 監督の感想なども聞けてよかった。
 河瀬監督もとても素敵な印象。なんと言葉で表していいか、文才のない私には難しい。なんとも“ピュアな感じ”がしました。

 監督が「カリスマ産婦人科医 吉村正を撮りたかったわけではなく、普通のおじいちゃんの吉村正を撮りたかったの」と。確かに映画の先生は、とても「素」というか、「ありのまま」だった。

 もう一度、観たいなぁ。

 まだ、観ていない方がいらっしゃったら、ぜひ映画館に足を運んでみて欲しい。

 

« 夢を叶える魔法 | トップページ | 最近の自家製酵母のパン作り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「玄牝」を観て。:

« 夢を叶える魔法 | トップページ | 最近の自家製酵母のパン作り »