« 梅干し-土用干し- | トップページ | 雨乞い »

2010年8月 9日 (月)

音楽とわたし

私は10代、20代のころ、よく音楽を聴いていた。毎日、CDを繰り返し、繰り返し聴いてた。

30代になってあまり聴かなくなってしまった。

ここ数ヶ月、珍しくライブを観に行く。
Rie fu

Yanz

宮原学

loverb(8/7は行かなかったけど)、

RaFF-CuSS

どれも違う音楽だけれど、わたしの好きな音楽。

ライブ会場まで行く気力がなくなったのは、トシのせいかな(^^ゞ
言ってしまえば、そこは楽しい空間。

長年聴いているアーティストさんだと、誰かしら知り合いがいて、久しぶりに会える楽しみもある。

音楽・・・・今は、農業していると 鳥の声、ヤギの声、虫の声、風の音、木の音など自然音を聞いている。
そんな自然な音の音楽も素敵だなぁと思ったりもする。

しかし、
ライブに行ってしまうと、
この音楽たちには本当に素敵だ。
わたしの心が躍る。どきどきする。わくわくする。
CDで聴くものとは違う、迫力とライブ感がきっと好き。好きなバンド、アーティストだからなおさら好き。

自分の環境も変わり、独身のころのように自由さはなくなった。
きっとこれからも過去のような自由さはなくなっていくかもれしない。

でも、
聴き続けたい音楽があることは、素晴らしい。
聴き続けたい音楽を続けてくれているアーティストたちを尊敬する。そして、応援したいと思う。

« 梅干し-土用干し- | トップページ | 雨乞い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽とわたし:

« 梅干し-土用干し- | トップページ | 雨乞い »