2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009年12月28日 (月)

お正月用お餅つき

年末の恒例行事。

お正月用の餅つきです。

神棚などの鏡餅と、伸し餅を作ります。

Moti_2

練りだし機で餅を作り、台の上で伸ばします。
熱いです!
熱くないと、伸ばせません。

Moti_1

伸した状態です。
1日置いて、硬くなったら切ります。
これも結構重労働。

Moti_4

Moti_5

左から 黄色い餅は、きび餅、茶色が玄米餅、白が白餅。
あと、黒米の黒米餅の4種類が我が家の定番です。

鏡餅は、丸めて作ります。
大きい鏡餅と、小さい鏡餅が必要なので、サイズがいろいろです。

Moti_3

実父の実家は、新潟県の米農家です。
やっぱり昔からこうやって、年末には餅つきをして、送ってくれました。
小さいころは、新潟から届くお餅が大好きでした。

まさか、結婚して自分が餅を作るようになるとは思ってもいませんでした。
今でも餅好きは変わりません。食べ過ぎてしまいそうです。

2009年12月20日 (日)

育ち方が違うんです!

今年の1月に初めて、友人を集めての『味噌作りワークショップ』をしました。

それから約1年。

それぞれの家庭で育てた『味噌試食会』をしてみました!

本などでみると、それぞれの家庭での味が変わると読み聞きしますが、
実際にやってみて驚いた!!!

0912miso

右上の味噌は、友人が持ってきてくれた麦味噌。
それ以外3つが、同じ材料で、ほぼ同じ時期に作ったはずなのに、

こんなにも違う!!

色、味も少しずつ違います。

色の薄いH家が私の家。
我が家は土間育ち、もしかしたらあんまり気温の変化がないからかしら?発酵がゆっくりだとこんな色?

I家とM家は、マンション育ち。
どちらも北側の涼しい場所に置いておいたそうだ。

こんなにも違うんだ!
育ち方が変わるんだ!


見た目から違いますが、味も違います。

H家 : 甘め
I家とM家 : かなり近い味だけど、M家のほうがちょっと塩気が強いかな?

びっくりでもあり。
嬉しい発見!でもあり!!

何かわくわくする。元気が出てきます!

来年も早々に味噌作りしよう。

2009年12月14日 (月)

Nature Nurse Networkの忘年会

2003年から始めているNature Nurse Network
とってもとっても、簡単に言うと、「自然観をもったナースな集まり」です。

細々とメーリングリストを続け、年に数回の集まりを都内近郊でやってきました。
最初は10名くらいだったと思う。
それが今は、40名くらいまで参加してくれるナースや医療関係、それ以外にも一般の方がいる。

都内で集まっても、4~5名しか集まらないことが多い。
理由は、ナースの仕事は2交代や3交代と夜勤もあり、休める希望が少ない、女性が多いので、子育て中のママナースも多いからだろう。

それが、昨日の忘年会には、新しい方も含め10名も集まった。

わいわいと、にぎやかに持ち寄った食事、おやつを食べつつ、普段のこと、野菜のこと、食のこと、看護のこと、ファシリテーションのことなど、いろいろ語った。

いろいろなつながりが広がって、埼玉、山梨、千葉、東京から集まった10名。
日々のいろいろ悩むことも、考えることも、
ちょっと集まり、語ることで、何か新しい発見があるものだ。

最後に遊び心で、
幹事から『今年のことを漢字一文字で表す』というお題が出た。
また、『来年の目標、こうなりたいという漢字一文字で表す』も同時だ。

なかなか今年1年を一文字は難しい。
走馬燈のように冬、春から夏、秋、冬へと駆けめぐる。

ひとりひとりの生活感のある、一文字の発表。

笑いあり、ツッコミあり、涙あり・・・・

Nature Nurse Networkは、いつまでも、のんびりと、ゆるやかに。
ほっとできる。
安心できる。
楽しめる。
元気がでる。
そんな場を作っていきたいなぁと思っています。

2009年12月 7日 (月)

食べること

人は、生きていくために「食べます」

「食べる」ことは、喜びもあり、楽しみもあり、文化あり、いろいろです。

何気なく、毎日の3回の食事をしている人も多いはず。
独身時代、疲れたから・・・手抜きの弁当は当たり前でした。

しかし、
マクロビティックに出会ったおかげで、「いのち」と「食」の大切さを感じることができました。

それから、
食の興味をもち、
農に関心をもち、
農家の嫁になっています。

ありがたいことに、
米と野菜には、困らない生活をしています。我が家で作らない野菜は、ご近所の農家さんや親戚からもいただくこともあります。(もちろん、自給自足の生活ではないので、スーパーでお買い物もしますよ)

農家の嫁になって、一番変わったことは、
食事が美味しいこと。

美味しいの理由は、味だけではなくて、
夫と食べられる幸せ
自分たちで作った野菜が食卓に並ぶこと
野菜そのものが美味しいと思えること
四季を感じられること
・・・etc,
です。


食べて、いのちをつないでいく今日ですが、
最近、食べ過ぎて、身体が重くなっている気が、、、しますf(^ー^;

食べ過ぎはよくないですねぇ。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

話しは変わって・・・
ここ数日、ヤギのかん奈が元気がありません。
「食べ過ぎ?」「胃にガスが溜まっている?」「悪いモノ食べた?」「病気?!??!」かな。
食欲がなく、1日半くらい絶食状態でした。
心配して、お腹のマッサージをしてみたり、温めてあげたり、、、ネットで調べれば、怖い病気の名前が目につく。ハラハラでした。
数日たって、少しずつ食べられるようになり、ほっとしています。
飼い主にとっては、ハラハラ、ドキドキの時間。

動物は体調が悪いと、自分の力が直そうとする。
絶食したことで、胃腸の調子が戻るんだろう。
それはすごいことだなぁと関心もする。

ヤギからもいろいろと教えてもらうことがいっぱいあります。

2009年12月 6日 (日)

稲刈り会の後で・・・

稲刈り会が終わり、すでに1ヶ月以上経つ。

参加して頂いた方々から、いろいろ嬉しい声が届く。

親子で参加された方は、
 ・ 息子(娘)がご飯のとき、「稲刈りしたお米?」とか「hさんちのお米?」と聞いているらしい。そして、嬉しそうだということ。
 ・ こどもたちがあんなに稲刈りを頑張るなんて、びっくりした。
 ・ 稲刈りの話しをこどもが今でも話す。

こんなことをたくさんの人が聞く。
とても嬉しいことです。

私たち夫婦は、農体験を少しでも出来たら“食”を大事にしてくれるだろうと思って始めた。

予想以上の反応が、後々から来る。
特に3~5歳くらいのお子様は特にいろいろと思い出して、お話しているらしい。
こどもの純粋さに心を打たれる。

稲刈り会は、h農園の恒例行事にし続けていきたいと思う。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »