2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の記事

2009年8月27日 (木)

救えるか?!

  昼近く、直売の準備のため畑でオクラなどを収穫し、家に戻る途中。
ケヤキに鳥が集まってきており、とてもにぎやか。
夫と義母も上を見上げている。

Hebitotori4




















カラス、ムクドリ、オナガドリがいっぱい集まっていて、ガーガーと鳴き叫んでいます。

写真の丸のあたりに・・・・

夫「蛇が鳥に巻き付いているんだ!」
私は、よくわからない。。。双眼鏡でも欲しいなぁ。と思い、家に戻ってカメラを持ってきた。

夫と義母は、『鳥の救出作戦開始』
夫は小屋の屋根に登り、竹を振り回している。
2本を紐でしばり、長くして、再挑戦。

カメラはとらえました!

Hebitotori1

Hebitotori2

Hebitotori3









3枚目は、竹の棒に蛇がからみついてるのが、わかりますか?

蛇を追い払ったけれど、残念ながら鳥(たぶん、オナガドリ)は助けられませんでした。
集まった鳥たちは、少しでも助けたかったのでしょう。

よく蛇もあんなに高いところに昇ったなぁと関心する。
蛇には獲物を逃がしてしまって、残念な思いかもしれません。

最近、こんな風に「自然界」を見せつけられています。
先日、山羊小屋の近くで、蜘蛛の巣にひっかった蝉を見ました。
しばらくすると、蜘蛛がやってきて、あっという間に糸を巻き付け、ぐるぐる巻き。安全な場所へ運んでいきました。

Kumo1_3

Kumo2













写真1枚目は、蜘蛛がやってきたばかり。
2枚目は、すでに蜘蛛の糸がしっかり巻き付いています。

小さな世界だけど、必死に生きている姿を見せられている。そんな気がします。

2009年8月22日 (土)

ヤギの面白いところ

ヤギを飼って1年7ヶ月。
毎日毎日、楽しい生活をしています。

何かしら、毎日夫婦でヤギネタで笑っています。


例えば、こんな場面。
Dai_kanmuri
























大:ボクの帽子、かっこいいでしょ!!


大は、角で雑草や杭と戦ったり、倒したり、しています。
ツルの草を引っかけるのはかなり得意です。
自分で頭を振って落すこともありますが、とれない時は、人にとってもらうこともあります。

Kanna_kchusya























かん奈:私はカチューシャ。きれいでしょ。うふ

珍しく、かん奈もツル草をかぶっていました!
振り向き姿の美人かん奈です。

(↑親ばかなので、許して下さい。)

元気なオクラ

先日は、トマト、ゴーヤは不作と書きましたが、オクラは元気です。

8月4日 もう私の身長と同じくらいです。

Okura0804























8月18日 身長を超えました!

Okura0818


















今年はよくオクラを食べています。

2009年8月21日 (金)

サスケが帰ってきた。

以前、偶然見ていたTV「ぶらり途中下車の旅」。
猫作家さんが出ていた。粘土で作る猫は、とてもリアルで可愛い。
とくに「からくり猫」は最高に面白い!!

猫好きだから、その可愛さが伝わってきます。

それから数ヶ月が経ち、たまたま本屋で猫の雑誌にこの猫作家さんが出ていました!
そのときやっと名前が分かり、ネット検索。個展情報も分かり、見に行くことにしました。

本当にどの作品も、猫の個性もあり、その瞬間がいいです。

「佐山泰弘さん」

佐山さんがやっている ”ウチの猫(コ)プロジェクト”
いつか作ってほしいなぁと漠然と思っていた。

実家で飼っていた猫のサスケ。
去年の12月に天国にいってしまって、父と母は寂しくなったようです。

春にHPをたまたま見たら、『モデル猫 募集』をみて、『今だ!!』と思い、応募しました。

7月下旬に作品が完成。作品の様子は、こちらへ
8月上旬には、実家にサスケが帰ってきました。

父と母も喜んでくれています。
よかった~~。

2009年8月14日 (金)

今年の梅干し

梅干しをやっと干し始めた、、、、と思ったら、また雨続き。
先日のゲリラ雷雨。

悲しくなります。

そして、やっと干しました。


Umebosi1

























3つの瓶に作りました。2つは塩分15%、もうひとつは10%。
は、結婚して2年目に塩分10%の梅干しを作りました。しかし、全部、失敗しました。
たぶん、ちゃんと記録していないので、覚えてないが、4キロ以上あったと思う。
その反省を生かし、10%は1.3キロだけ。
黴びないようにチェックしつつ、なんとか梅酢も上がり、黴びたのは数個だけでした。

今年のできあがり分。
Dvc00025

2009年8月 9日 (日)

ゲリラ雷雨

午後3時から雨が降り始めた。

そんなに降らないだろうと思っていたら、
まさに「ゲリラ雷雨」。

よく天気予報で「バケツをひっくり返したような雨」と表現されるけど、
今日のあめは、「風呂釜をひっくり返したような雨」。

2時間も降った。
畑は水浸し。川になっている。
田んぼも水でいっぱい。

Gerira1
















田んぼの脇の道が水浸し。

ハウスの中も。
Gerira2


















ヤギ小屋の前も水浸し。

明日も熱帯低気圧が台風に変わり日本に上陸するおそれがあり、雨の1日なりそうだ(T.T)

不作

雨が多い。

梅雨らしい梅雨ではあったけど、雨が多すぎる。
梅雨が明けたかと思ったら、また天候不順。

ニュースでも「野菜が高騰」「米不作」など流れている。
我が家も例外ではない。
今年の特にトマト、ゴーヤは不作。
トマトは、手入れが行きとどかなかったのもあったとは思うが、枯れてしまう苗も多いし、実が付いても、雨で水分が多くなると割れて、傷みがひどくなる。売れるトマトは、数が本当に少ない。

肥料代、種代等を考えると、「赤字」かも。

ゴーヤも、葉と花のつきはよかったのだが、実がなると小さいうちにすぐに熟してしまう。
これは原因がよくわかない。

米のほうも、まだ穂が出ていない。

そろそろ出始めていいころだが、もち米、うるち米はまだ、確認できない。
黒米は、ちょっとずつ出てきた。
日照不足、低温となると、出穂も遅くなる可能性が高い。
これから台風も来る季節。
今年の出来はどうなるか、心配だ。

0809_kurogome

2009年8月 8日 (土)

双子

我が家のニワトリさん。
結構、小さめの卵を産んでいます。Sサイズくらい。でも、大きさはまちまちです。

普段買っていた「卵」がきっちりと同じサイズを選ばれて、パック詰めされている。
それは、大量のニワトリさんから同じサイズを選んでいるのか?
または、同じサイズになるようなエサを調整したり、何か技があるんだろうなぁと思う。

そして、我が家のニワトリさんが、こんな大きいのも産んだ。
Futago1









写真の左がよく産んでいるサイズ。右が倍くらい大きい。
割ってみると、

Futago2









(黄身が崩れてしまったけど)双子でした!

「双子」・・・いいなぁ。(笑)。

実は、「双子」には縁がある。
実母が「双子」。たぶん?二卵性の双子。
レイコとヨウコ(私の実母)。

当たり前だけど、よく似ている。レイコさんのほうがたぶん産まれた時からちょっとヨウコより小さい。

おばあちゃんは、8人を産んでいるけど、双子を産んでいるのも凄いなぁと関心する。
昔は、病院ではなくて、自宅で双子を自然分娩している。1人より2人のほうが、出産のときにリスクは大きい。いくら経産婦とはいっても本当にすごい。
尊敬する。

看護学校に通って、お産の勉強も始めたころから、『双子』はとても興味をもった。
その奇跡に感動しているだけかもしれない。
それと同時に、おばあちゃんへの尊敬。
双子を産むことへの憧れ。
20歳のころから、漠然と「双子を産んでみたい!!」と思っていた。


私は、双子に縁があるらしい。
・実母も
・助産師1年目のときの指導してくれた先輩Mさんも双子を産んだ。
・ヤギの大とかん奈も双子。
・かん奈が産んだ子ヤギも双子。(1頭は残念ながらすぐになくなった)
・そして、伯母レイコさんの娘・いとこも双子を産んだんです!!

おばあちゃんと孫がどちらも双子っていう確率は、かなり低いはず。驚異的だわ。

私はますます「双子を産む」ことへ憧れる。

我が家にも『双子』がやってきてくれないかと、願っています。
夫も本気で「男の子と、女の子でおねがいしま~す。」と話す(笑)。

自然妊娠での双子の妊娠率は、100分の1。
雲の上にいる双子の天使さんは、私たち夫婦を選んでくれるだろうか?

2009年8月 5日 (水)

くたくたに疲れて・・・

ムシムシと暑い日が続きます。
午前に収穫や草刈りなどすると、もう汗だく。
朝、紫外線対策のクリームを塗ったけど、すぐに落ちていそうなくらい、汗だく。

昼食前にシャワーを浴び、着替え。

午後も4時近くなってから、草刈り開始。
2時間ちょっとで、ぐっしょくりです。

ヤギのご飯を用意して、ヤギを小屋に帰し、乳搾りして、やっと帰宅。
午後7時。
くたくた。(作業疲れもあるけど、暑さににも疲れています。)
また、シャワーを浴びて、着替える。

夕飯を作るのが、面倒だ~~~!!とボイコットしたい気持ち。「外食しちゃう??!!」と心の声。

しかし、
先週末の土用の日に「ひつまぶし」を食べに行こうと出かけました。
残念ながら、ひつまぶしは食べられず、別のお店へ行くことにしました。
そこで、インドカレー、チーズナン、サラダなど食べて、お腹がはちきれそうなくらいお腹いっぱい。。。
その後、後悔です。
食べ過ぎて、苦しい。。。。

そんなこともあったので、、、

思い直して、頑張ってつくろう。

家には、野菜は豊富にあるので、あるものだけでも野菜だけでもは充分な量になる。
簡単に炒めたりして、

茄子と豚肉の炒め物、ミョウガのせ。
オクラ。
かぼちゃのみそ汁。
白いご飯。

作るのは、ちょっと大変だなぁと思うけど、
食べ終わってみると、
やっぱり、手作りがよい!!!

自分の味に作れる。濃くでも、薄くでも、自由だし、そのときの体調にも合わせられる。
野菜がいっぱいとれる。
ちょうどよい満腹感になる。

たまには外食もいいけどね。
でも、やっぱり「家ごはん」が最高なのだ~~。

2009年8月 4日 (火)

干せない

梅雨明けしてから、もう半月。
梅雨明け直後は、「梅干しが干せるね〜」と、夫と話していたら、ずっと雨続き(>_<)
晴れても、1日だけ。とか、夕立の予報だったり(-.-;)
8月に入ってるけど、干せません!

困ったなぁ。

農業新聞の記事にも、梅干しの産地・和歌山で天日干しが始まった。40年やっている農家の方も8月に干し始めは、初めてらしい。

梅干し作りしている皆さんは、いかがですか?

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »