2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月30日 (火)

子ヤギの遊び相手

子ヤギ(ちびすけ)生後18日目。
体重は生まれた時より3倍。
遊び回る時間も長くなってきた。


子ヤギを見ているとあきません。
ついつい時間があると、見に行って、かまっています。

私が遊んでもらっている、、、とも言う(笑)。

2008年12月27日 (土)

お正月のお餅つき

今年は、お正月用のお餅の注文がたくさん入りました。

26,27日の2日間かけて、切り餅作りです。

親戚の家の分、我が家の分、直売の分、通販分、、かなりの量です。
結局、伸し餅全部で、27枚作りました!!
種類は、白餅、きび餅、古代米餅、玄米餅の4種類。

26日には朝5時からスタートして、11時過ぎまでかかりました。
もち米を蒸して、器械で搗いて、手で伸すの繰り返しです。
やっぱり、疲れますねぇ。

17日の朝、伸し餅を切ります。これも結構力がいる仕事です。

しかし、通販用が足りないことになり、27日も追加で搗きました。


Omoti1227 写真は、通販用に段ボールに入れた状態。










手間と、時間もかかる。厚さが微妙に違うのもあれば、形が悪いのもある。
市販に売られている餅より、この手作りの餅が私は大好き。


小さいころ、新潟の父の実家(米農家です)から、お正月用にこういう手作りのお餅が届きました。
お雑煮、砂糖醤油やきなこをつけたり、お汁粉にして、よく食べていました。
とても大好きでした。

今、自分が作る側になるとは、思ってもみなかった。何十年と経って、こんなに大変な手間がかかっているを知ったわけです。

手間をかけてつくったものが、また誰かの笑顔に繋がれば、嬉しいです。

2008年12月26日 (金)

遊んで、寝て、おっぱいの繰り返し

子ヤギ日記です。

ずいぶん、人にも慣れて、行動範囲もどんどん広がっています。

遊びは、大のように「頭突き」です。
最初は、くすぐったいくらいでしたが、日に日に力も強くなっています。

Tibi1225
足下でやるときは、長靴に頭突きか、手を出すと手に頭突き。

ヤギは高いところが好きらしく、しゃがんでいると腿に乗っています。


しばらく遊び疲れて、、、

Tibi1225_2 ちょっと寒かったのもあるのかな?
私に乗って、休憩。
ちょっとうとうとしている。

遊んで、
休んで、
おっぱい飲んで、、の繰り返しです。



誰もそばにいなかったので、自分で撮りました。だから、自分の顔が切れた。
けど、ちびはいい顔している!

2008年12月24日 (水)

子ヤギ日記

生後12日目。 すくすくとおっぱいだけで成長し、体重はすでに2.7㎏!!! 産まれたときより、倍以上です。

ぴょんぴょん、母ヤギの周りを駆け回っています。
もう人間で言えば、2~3歳児?かしら??

面白いのは、いろいろ駆け回っても、母ヤギの元にちゃんと返ることと、
色んなヒトがきて、触られたり、びっくりしてたりすると、母ヤギのおっぱいを飲みに行くこと!
やっぱり、ヤギも安心するらしい。

2008年12月21日 (日)

感動の毎日

動物って本当にすごい。
すごい力を持っている。

ヤギのかん奈が出産し、子ヤギのめまぐるしい成長にびっくりしている。

最近、かん奈と子ヤギをみて、気付いたこと。

 お産が終わって、翌日には母ヤギのおっぱいがめちゃ大きくなり、母乳の出も良くなっていること。

 初めての子だけれど、かん奈母ちゃんは、頑張っている。
  子ヤギのそばを離れないようしている。最初は先に離れてしまうこともあったけど、ここ数日はかなり気にしている。

 ヤギもヒトと同じように、産後に出血がある。
   溜まっているものをブシュッとだしたのには、驚いた!
   (ヒトもこれが出来たら、楽なのに。)

 子ヤギのうんち。
   産まれてすぐのとき、胎便?っていうの??、黒いうんちがちょっぴり出ていた。
   翌日には、クリーム色のうんちがお尻にこびりつきました。柔らかくって、乾燥してくっついてしまった感じです。それが、7日?経過したあたり(この頃に見た)から、ちゃんとマメうんちに変わります!!!色はやはり母乳色。しっぽをふりふりして、落します。

 おっぱい(乳)をあげるのに、母ヤギも子ヤギも最初は、ちょっとぎこちない。でも、2日もすれば、かなり上手。

 おっぱいがいっぱい出ているようで、子ヤギはむせながら飲んでいます。(笑)。
  ヒトの赤ちゃんもむせますねぇ

ヤギもヒトも、ほ乳類という仲間であるから、似たところがあって不思議はないけれど。
それにしても、毎日毎日、感動することばかりです。

今日、夕方かん奈が「めぇーめぇー(餌がないです、くださーい)」と鳴くので、草を持って行きました。ちびは、体重測定。今までの量りは2㎏までなので、普通の体重計を使用。
「2.1㎏」
大きくなったねぇ。このペース早すぎます。
ちょこちょこと、駆け回っています。

「さて、もどろう」と私は草を入れたコンテナと体重計をもって歩き始めると、、、

ふと、振り返ると、
ちびすけ(子ヤギ)が、後を付いてくる~~~!!!
びっくり!かわいい!ぎゅっと抱きしめたくなりそうです。
振り返ったと同時に、ピタっと止まり、方向転換。母の元に駆けていきます。

ちびすけ「お母さん、冒険しちゃった(笑)」
かん奈母ちゃん「あんまり、離れちゃだめよ。」なんて、言っているかのようでした。

実は、まだ子ヤギの名前を決めていません。
3頭のヤギは飼えません。ゆくゆくは、里子に出すつもりです
だから、名前を付けてしまうと、なかなか手放せなくなりそうで、考えていないのです。
いつまでも、‘ちび’とか‘ちびすけ’のままでは行けないですねぇ。

Tibi1221


2008年12月19日 (金)

もう1週間経ちました!

子ヤギが産まれて、もう一週間です。
成長は早く、びっくりしています。

動画で見てください。

また、

ケーブルTVのペット紹介番組に大とかん奈が出ました。
収録は、稲刈りが終わったばかりの頃です。

・・・ということは、妊娠中だったかん奈です。

わくわくペット館

2008年12月15日 (月)

見ていてあきません。

今日もちびすけ(仮名)の体重測定。

Tibi1215_01 1347グラム(+117グラム)

遠くでかん奈母ちゃんが心配そうに見ているこの写真がかわいです。

かん奈母ちゃん、新米なので、昨日より今日のほうがうまくなっているけど、おっぱいをあげるのもちょっぴりヘタ。

子ヤギのちびすけ(仮名)もずいぶんしっかりしてきた。
見た目にも大きくなっている。
体重もどんどん増える。
1年後には大父ちゃんと同じ大きさになるんだから、すごいことだ。

その大父ちゃんもここ2日くらい興奮気味でした。
しかし、今日はずいぶん落ち着きました。久々に私にスリスリもしてくれた。
見に来る人は、かん奈とちびちゃんを見に来るので、ちょっぴり寂しそう。

子ヤギちゃんは、見ていてあきません。
かわいいなぁ。

Tibi1215_02
こんな風に寄りそっているのは、ほほえましい。

このブログ、しばらく子ヤギネタばかりになりそうです(笑)。

2008年12月14日 (日)

今日の体重

子ヤギの体重測定をしました!生後2日目。

Tibi1214_01 見た目にもずいぶんしっかりしてきました。

1230グラム(+106グラム)

ヒトの新生児は、体重が一次減るけど
やはり、ヤギはすぐに増えていく一方なのですね。

このままの大きさなら、ずっと飼ってあげたいよ。

Tibi1214_02 うんちが硬くなり、お尻にこびりつきました。
お湯で洗って、きれいにしました。

子ヤギは乳しか飲んでいないから?黄色いうんちです。

満月パワー

12日晩の満月は、一番大きな満月。地球と月の距離が一番近くなったらしい。

その日に、猫のサスケの死ヤギかん奈の出産

死と生があり、、、
自然な動物が満月のパワーに導かれ。いちのが終わり、いのちが産まれる。
こんなことを強烈に感じさせてくれた日だった。

かん奈の出産に立ち会い、
1頭は元気に生き、
1頭は悲しい別れ・・・・

いのちの強さも、これも自然界の宿命。

もし、第2子をずっと見守り、
もし、弱々しくて、私たち人間が手を貸し、生き延びたとしても、きっとかん奈はその子の母にはなれかったかもしれない。
それにそんなに長くは生きられなかったのかもしれない。

「ほんの少し目を離して、ごめんね」と泣いた私でしたが、
これこそ、人間のエゴなのだと気付きました。

いのちをほんの少し伸ばすだけの手伝いをしても、
本当にそれがかん奈にとっても、私たちにとっても、幸せなことだったのか?と疑問が湧いてきた。

産婦人科医吉村正先生の言葉に【死ぬ時は死ぬ。生きる時は生きる。それが宇宙の力】。

本当にその通りです。
きっと第2子はいのちの力が弱かったんです。産まれるには早かったのかもしれないし、病気があったのかもしれない。

短い短い小さないのちだったけど、第2子が残してくれたことは、私には大きな学びです。
ありがとう。

いのちの力、自然の力を信じようと思います。

2008年12月13日 (土)

ビッグニュース!!びっくりにゅーす?!

19時半すぎ。
夫がたまたま、ヤギ小屋の前を通りました。(普段ではありえない時間です)

駆け足に家に戻ってくると、「大変、かん奈が足を投げ出して、鳴いている」と慌てている。

わたしも慌てて、ヤギ小屋に向かうと、かん奈のお腹がぽっこり。
ワラの上に横たわっている。とても苦しいそうに‘メッ、メッ’と鳴いている。
お腹にガスが溜まり過ぎて苦しいのか?
まさか、出産か?
(いやいや出産は考えたくない)

あたふたとしていると、おしりのほうから半透明なおりものがべったりと付いている。(すでに羊水?)

夫もわたしも『産まれる』と確信。

夕食をいつもより素早くすませ、ヤギ小屋に向かう。
出産となれば、助産婦魂が燃えます!!!

20時半ごろ、小屋にわたしも一緒に入り、かん奈のおなかをさすり、励まします。
みるみるうちに、お尻が膨隆。ヒトと変わりませんね。

苦しい声をあげているかん奈、
その声にちょっとオロオロしている夫、
甥っ子、義母も駆けつけて、かん奈を見守ります。
夫と義母がタオルを準備してくれます。

何か見え始め、蹄?と思ったけど、口でした。ベロが見えて、ときどき動き、赤ちゃんの元気なことがわかります。

力強くいきむかん奈、つるっとアタマが出て、アタマまででるとツルツルと身体も出ました。

20時51分 誕生です!

羊膜は破けていたので、すぐに鳴き始めます。ほっと安堵します。

お尻にほうにいた子ヤギをかん奈の口元に移すと、誰から教わったわけでもないのに、耳や口をくわえました!食べてしまうのか!と思うくらいの勢いもあったので、一瞬ドキっとしました。でも、それは羊水を舐めているのだと気付き、本当に自然の力に驚きです。

そうしているうちに、またかん奈が苦しみ、ツルってあっという間に

第2子誕生!! 20時56分

第1子に比べ、ちょっとこぶりでした。
また、かん奈の傍に移しましたが、あまり舐めてくれません。しばらくして、舐めてくれました。

数分にうちに、第1子の子ヤギは立ち上がろうとしたり、すごい高い声で「メーメー」と強く鳴き始めました。そのうち、第2子も強く鳴き始め、ほっとします。

Shussan01








第2子はちょっとこぶりで、なかなか立ち上がりません。
かん奈は立ち上がり、餌を食べ始めました。
第2子も後産も、気になりましたが、外野が多いのも気が散ると思い、一度家に戻りました。

22時頃見に行くと、[あれ?1頭しかいいない]
立ち上がれなかった第2子は、かん奈にふまれていました。すでに息はなく、冷たくなっていました。夫を呼んで、私が泣きました。「ごめんね、ごめんね、目を離したから、ごめんね」悲しみが止まりません。
ヤギは、本来1頭しか産まないようです。子育ても1頭しかできないのかもれません。だから、元気な子だけ、もしくは第1子だけを見ていたようです。
第2子は、タオルにくるみ、段ボールへ入れ、1晩我が家で預かりました。

寝付けぬ夜、熟睡できぬ夜を過ごしました。
明朝、母子共に元気であることを祈りました。

7時過ぎ、見に行くと、「メーメー」と甲高い声が聞こえ、子ヤギが元気であることがわかります。ほっと一安心です。
かん奈も後産が終わっていたようです。小屋を掃除すると、羊膜だけが残っており、胎盤は食べたのでしょう。

Shussan02 Shussan03
















体重測定しました。
1124グラムの男の子のようです。

かん奈のおっぱいが昨日よりふっくりと巨乳になっており、おっぱいが出始めています。
まだまだ慣れないおっぱいやりに、母子共に苦労しています。

赤ちゃんヤギは、かわいくて、かわいくて、ぬいぐるみみたいです。


予定外にも妊娠、出産に、私たちも戸惑いながら、嬉しさと悲しさが交互に起こりました。

兄弟間の子だけに、肛門がないなど病気がある場合も考えられます。いまのところ、うんちも出ており、見た目にも元気なので、ほっとしているところ。


助産師として、分娩介助の復帰はヤギの出産でした。
ヤギもヒトも、同じですねぇ。ヤギはとっても安産でした。
私はこの感動がやはり好きです。
お産っていいなぁと改めてかみしめています。

また、かん奈のお産に立ち会えたことは、本当に奇跡です。
その場に立ち会わせてくれたことを本当に感謝しています。











2008年12月12日 (金)

天寿を全うする

Osumasisasuke
実家で飼っていた猫、名はサスケ♂。
親戚の家から譲り受け、父、母、姉のもとで暮らしていた。
(私は一人暮らしをしていた)

今日、サスケが亡くなったと母から電話があった。

たまに帰って、サスケと遊ぶことが楽しみだった。

やんちゃで、
でも、喧嘩には弱くて、よく怪我をして家族に心配かけていた。


晩年は、病気ばかりで大変だった。
たまに実家に帰るたびに、ぽっちゃりの体型が細くなっていった。

14歳くらいだったかな?
猫にとっては、大往生。

安らかにね、サスケ。
ありがとう。

2008年12月 9日 (火)

我が物顔

とうとう、本物のタヌキをみてしまった。

困りました。

どうしましょう。

2008年12月 7日 (日)

伯母の着物

元職場の友人が結婚。結婚パティーに出席しました。

やっぱりきたのは、『着物』です。
着物が好きだから、着物が一番の私の晴れ着だから。

そして、今日着た着物は、はじめて袖を通した伯母の着物です。
今年のお正月があけた頃、天国にいった伯母の形見分けの着物です。
母方の家は、寺が多く、伯母も寺の嫁でした。そのせいもあるのか、着物がいっぱいあったそうで、母を通り越して、私が着させて頂きました。
数枚いただいた着物は、どれもこれも、品のある無地の着物が多いです。

その中から1枚、えんじ色の着物を着ました。
びっくりするほど、裄も丈もぴったりです。

夫も着物好きなので、夫婦で着物を着て、出かけました。
男性の着物姿に、目立ちます。

私は、伯母の着物が着られて、嬉しいかった。
まだまだ、着る機会はあると思うと、大切に大切に、着続けたいものです。

着物姿の夫婦の写真をとろうと思っていたのに、すっかり忘れました。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »