2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008年10月29日 (水)

足跡

雨上がり、土はぐちゃぐちゃだった。
そのとき、足跡が付いていた。

猫?の足跡??
と思ったけど、夫にいったら「猫には大きいよ。爪跡があるのは、猫じゃない。狸だよ。」と。
Tanuki

最近、一部を通ると山羊ではないフンのにおいが漂うことがある。何かの獣(ハクビシンか、狸か)がいることは、間違いがない。

しばらくして、裏の倉庫のコンクリートのマンホールを開けてみたら、「狸の死骸が出た」とのこと。どこから入ったのかはわからないものの、死骸はかなり腐食していた。
猫よりは大きい。

ネットでも検索してみると、
足跡の犯人は、「狸」だ。

狸の死骸は時間が経っているようだから、この狸の足跡ではないわけで、
他にもいるということだ。

今後、作物の被害が拡大しないといいなぁ。心配です。



ちなみに、
猫の足跡も同じ場所にありました。
Neko

2008年10月28日 (火)

自己満足。

お米や野菜など発送する時に、「●●農園通信」と「郵便振り込み用紙」を入れている。
その袋は、以前は購入したビニルに入れたりもしたけど、わずかながらコストもかかる。

結婚前に、お米を買ったことがある農家さんが、請求書や振り込み用紙などは、リサイクルの封筒を使っていた。ちょっと真似してみた。
使用済み封筒を裏返し。のり付け。でも、それでは寂しい。

去年から始めた「消しゴムはんこ」を作って、【●●農園】と【リサイクルぺーパー】を作って、押す。まだまだ、消しはんはへたくそで、きれいにはなかなか作れなかったけど、回数を重ねると、ちょっとましになってくる。

「リサイクルぺーパー」がヘタでいやだったから、作り直した。
Hanko1027
ちょっとずつうまくなっているなぁと自画自賛。
手作りはんこになってきた!

エコだから、リサイクルというのもあるけど、
どちらかというと、こういう“作る楽しさ”が好きなんだと思う。だから、自己満足の世界。


お米を受け取ってくれたお客さんがどう感じるかは、ちょっと聞いてみたい気もする。

お米発送中!

お米の籾すりもほとんど終わります(まだもち米が少し残っている)。今年は実りが多く、うるち米は21.5俵!我が家では充分な量です。

もち米もたくさん出来ました。自家消費で、赤飯や餅つきなどもしているが、お正月用に向けて少しの販売と、お餅つき会で消費予定。

お米の発送が始まった。
稲刈り体験会での参加の方や、知人のイベントでチラシを配布。ちょうど「ちい散歩」の影響もあって、お米の注文が殺到。我が家としても嬉しい悲鳴を上げている。
食べていただいた方からは、「甘みがあってもっちりしている」といっていただき、またよかった。

2008年10月21日 (火)

お米

慌ただしく、脱穀、籾すり作業に追われています。

午前、籾すり。
籾すりしただけで、900㎏くらいありそうです。(脱穀したものもあるので、もっととれる予定)
今年は豊作年のようです。

午後、脱穀。昨日、うるち米の脱穀がすべて終了。

1020









たしか6俵分(360㎏)は、農協へだすお米。
残りは、我が家の消費分と、通販や直売で売る分。

今年は嬉しいことに、すでに新米の注文が多くある。これもTV効果もあるのかも。
今月中には、発送までいきたいなぁ。

2008年10月16日 (木)

ぎっくり腰になる

先週、稲刈り体験会が終了後から数日の雨模様。
稲刈りの続きもできませんでした。

数日経って、やっと再び稲刈り開始!と始めた矢先、
「グギッ」と鈍い感じ?!
とうとう腰を痛めてしまいました(;>_<;)ビェェン。

相当、痛くて、曲げられませんが、休める余裕はなくて、夫のコルセットを借りてシップを貼ってこらえつつ、稲の束を運んだり、、、落ちている稲を拾ったり、、、

翌日もやはり痛くて、辛かった。

また、次の日も痛かったけど、ちょうど義母と夫は法事に出かけ、私はマッサージに行きました。

ネットで検索して、自力で行けるところ、よさげなところ。
西川口駅近くに良さそうなところがあったので、行ってみました。

背中から始まり、腰。
左のほうが痛いけど、コリは右のほうが強いらしい。
最後にお腹を見てもらったら、触られるだけで痛い。

「お腹からくる腰痛ですね。農作業が終わったら、萎縮したお腹も伸ばさないと、ダメですよ」と言われた。

実は、1年半くらい前の「デトックス」に行ったころから、お腹のコリが気になっていた。
だから、たまに夫にお腹もマッサージしてもらっていたけど、‘腸’が悪いと思ってた。
‘お腹の筋肉の凝り’だった。

マッサージ直後、かなりすっきりして、家路につく。
けど、また腰はズキズキするような、、、重いような、、、そんな痛みがあり、完全な回復はしない。
とにかく温めて、温めて、寝るようにした。

当時に風邪もひき、鼻水が出たり、咳が止まらなかったり、痰がらみしたり、、
カラダはめちゃめちゃ、最悪の状態が続いていた。

グギッとやってから、1週間が経ち、だいぶ楽になってきた。
風邪もようやく治りつつある。

農作業を始めて、3年目。
だいぶ、慣れてきたと思っていたところだったので、ちょっとショックだった。


2008年10月 5日 (日)

稲刈り体験会!

我が家にとって、初めての『稲刈り体験会』を実施しました。
いろいろと声をかけていたら、すごい人数になりました。
友人、知人、元職場つながり、ナースつながり、助産師会つながり、夫の三線の生徒さん、・・・いろいろでした。
家族連れ、友人連れで、総勢36名!

このイベントを広報したときに、いろいろな世代からの反応がありました。
ちょっとびっくりしました。
稲刈りはみんなが興味のあることなんだなぁと感じました。

いろいろな世代が来て頂き、うれしかったです。
こうやって、いろいろな世代が集まることも少ない現代、、、何か大切な時間だったように思います。

稲刈りは夫と義母にお願いし、私はまかないの仕切り役。
まかないは、おにぎりと豚汁。
40名近い人数のおにぎり、豚汁の準備に大わらわです。

おにぎりは、お米をどのくらい炊くの??と心配していたら、3升(30合ですよ)炊きのガス釜がありました!!これがあり、とてもラッキーでした。しかもガスを入れたら、30分で炊ける!
3升のおにぎりを握り始めて、・・・足りないかも、、と追加は、念のため、1.5升の釜もあわせて、3.5升炊いたのか?! あっという間におにぎりでいっぱい。
全部で160個作りました。
ちなみに、具材は自家製梅干し、自家製葉とうがらし、おかか、鮭の4種類。

豚汁も大鍋に1つ、、、と作り始めたが、やはり足りないか、、、と余分に作り、大量の豚汁となりました。豚汁の具材もほぼ自家製・・・と言いたいところですが、時期的にないものも多いので、里芋とネギだけ。味噌は、自家製でした。

友人や実母にも手伝ってもらって、なんとか12時には食事にできました。

Lunch
「美味しい」といって頂き、よかった~~。









そして、午後はわたしも稲刈りに参加。
一部稲刈りの終わっていないところは、稲刈り機で刈り、運んでヤライにかけます。

Inekari1










Inekari2

こどもたちも、頑張って稲を運んでくれました。
1輪車で遊びつつ、、、


イナゴやバッタ、、、
カエルをたくさんとって、喜んでいました。

Inekari3_2
虫かごの中には、イナゴでいっぱいです。

大人も夢中になって、イナゴ追っている姿もありました!



すべてかけ終えて、時間をみると15時!早い!
マンパワーってやっぱりすごいものですねぇ。

Shugo2

みんなで記念写真をとって、終了です。
参加して頂いたみなさん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

2008年10月 3日 (金)

今年の味噌

味噌作り、たぶん3回目。

去年の味噌は、うまく発酵せず失敗でした。

2月に味噌作り講座に行き、今日解禁!してみました。
重しを外すこともすっかり忘れ、天地がえもせず、ちょっとほったらかしでした。

しかし、開けてびっくり!
立派な味噌ができている!!

カビを取り除き、味をみる。
おお、去年とは雲泥の違いです。

もう一つ、味噌樽があり、そちらは手作りの米麹で仕込みました。
こちらもドキドキものでしたが、おぉぉぉぉ!しっかりした味噌になっていました。
味もgood! 麹の香りがまだ残っている~~。
手作り米麹がちゃんとできていた証拠ですね
嬉しい!!

1003_deki









ピンぼけの写真です。

左が、講座で作った味噌。
右が、手作り麹入り味噌。

色の違いは、講座の時に聞きましたが、大豆を蒸かしているか、茹でているかの違いだそうです。

今晩の夕食に、みそ汁で飲みました。
ちょっと薄かった~~。残念。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »