2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« ジャム作り奮闘記。 | トップページ | 収穫 »

2008年6月26日 (木)

緊箍児(きんこじ)が欲しい

雨の日は、ヤギさんたちは小屋の中で過ごします。
そうすると、2~3時間毎に餌やりをします。けっこうしんどい。
晴耕雨読、、、どころではなく、晴耕雨“餌“な日々。とくに私は餌係になっています。
こんな梅雨の時期、2~3時間毎の餌の準備をしていると、「飼育員のようだ」と感じています。

ヤギさんたちも小屋の中で、ストレスも溜まるのでしょう。
また、「ごはんが足りません」「お腹すいた~」と言っているかのように「めぇ~~~」と鳴き叫びます。
餌やりにドアを開けると、雄の大は、飛び出してきます。何度も戻しいれたり、ちょっとした格闘。大も力強くて、角もコワイ。生傷、打身が絶えません。

小屋近くの倉庫に置いている餌をねらって出て行きます。
雨に濡れるのを嫌がり、自分から小屋に戻る時もあります。
今日はぱらぱらと小雨交じり。午後にはあまり降っていませんでした。
また、餌をやろうとドアを開けたら、小屋から脱走。

何度も小屋に引きずり戻しますが、突っぱねて戻りません。
用意しておいた葉っぱ付きにんじん(売れないもの)の葉をバリバリと食べ、にんじんそのものも食べ始めるし、餌置き場を荒らします、、、。。

手に負えず、夫を呼んで、小屋にやっと戻りました。
夫には従順です。ぐすん(ナミダ)私はなめられています。

そんな一苦労して、「孫悟空の頭の輪っか(緊箍児(きんこじ))が欲しい。」と思ったんです。
そうしたら、言うことを聞いてくれるかしら?


願いから叶うなら、ヤギ語がしゃべれるようにもなりたい。

080621_dai

« ジャム作り奮闘記。 | トップページ | 収穫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊箍児(きんこじ)が欲しい:

« ジャム作り奮闘記。 | トップページ | 収穫 »