2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

2008年6月26日 (木)

緊箍児(きんこじ)が欲しい

雨の日は、ヤギさんたちは小屋の中で過ごします。
そうすると、2~3時間毎に餌やりをします。けっこうしんどい。
晴耕雨読、、、どころではなく、晴耕雨“餌“な日々。とくに私は餌係になっています。
こんな梅雨の時期、2~3時間毎の餌の準備をしていると、「飼育員のようだ」と感じています。

ヤギさんたちも小屋の中で、ストレスも溜まるのでしょう。
また、「ごはんが足りません」「お腹すいた~」と言っているかのように「めぇ~~~」と鳴き叫びます。
餌やりにドアを開けると、雄の大は、飛び出してきます。何度も戻しいれたり、ちょっとした格闘。大も力強くて、角もコワイ。生傷、打身が絶えません。

小屋近くの倉庫に置いている餌をねらって出て行きます。
雨に濡れるのを嫌がり、自分から小屋に戻る時もあります。
今日はぱらぱらと小雨交じり。午後にはあまり降っていませんでした。
また、餌をやろうとドアを開けたら、小屋から脱走。

何度も小屋に引きずり戻しますが、突っぱねて戻りません。
用意しておいた葉っぱ付きにんじん(売れないもの)の葉をバリバリと食べ、にんじんそのものも食べ始めるし、餌置き場を荒らします、、、。。

手に負えず、夫を呼んで、小屋にやっと戻りました。
夫には従順です。ぐすん(ナミダ)私はなめられています。

そんな一苦労して、「孫悟空の頭の輪っか(緊箍児(きんこじ))が欲しい。」と思ったんです。
そうしたら、言うことを聞いてくれるかしら?


願いから叶うなら、ヤギ語がしゃべれるようにもなりたい。

080621_dai

2008年6月23日 (月)

ジャム作り奮闘記。

杏と梅が大量にあり、ジャム作り日記です。

1日目。杏ジャム。
去年1度しかやっていないので、すっかり作り方を忘れている。
ネットで検索して、作り方を学習する。

お湯で杏を温め、冷やして、皮と種を取り除く。
Anzujam1







杏 約1.6㎏と砂糖を入れて、ぐつぐつと煮る。

30分くらいしてもなかなかゲル化せず、もう少しとやってみるが変わらないので、あきらめる。

2日目。杏ジャム。
去年のレシピは、糖分60%だったが、今年は55%に控えた。

再度、鍋いっぱいの杏と砂糖をぐつぐつと煮る。
しかし、昨日と一緒、コップテストしても固まらない。
どうもおかしいなぁ。。
ネット検索してみると、所さんの目が点のページに載っていた。

『 ジャムがゲル化するためには、1%以上のペクチンと60~65%程度の糖(完成時)とpH2.9~3.4になる程度の酸という微妙な条件が必要なのです。』

糖分が足りないのかも。。。と思った。

ゲル化しなくてもいいかなと思い、そのまま。

3日目も杏ジャム。
作業も慣れてきた。しかし、夕食後に3時間くらいかかるので、かなり疲労度がピーク。

試しに鍋2つにして、糖分を替えてみる。
55%と60%にした。
しかし、60%にしたほうもゲルかしなかった(;.;)酸味が足りないのかな?

格闘した杏ジャム。3日間の合計で21本出来ました!瓶の大きさはバラバラです。
ラベルは消し版で作りました!

Anzujam2








4日目、梅ジャム!


梅は、基本的に梅干し用です。傷がついたり、割れたりしている梅をジャムにしました。

梅もお湯に通します。杏は簡単に種が取れるけど、梅は実にひっついて取りにくい。
包丁で丁寧にひとつひとつ取り除き、皮は包丁でたたきます。かなり重労働。
Umejam1













今日も鍋2つを使いました。
梅は約2.4㎏!梅はジャムしても酸っぱいので、甘さは60%と70%とふたつ作りました。

梅はペクチンが少ないので、ゲル化しません。

すっぱい梅ジャムなので、小瓶中心に作りました。

Umejam2







作っている間は、夕食後が多かったのもあるし、砂糖の量をみるとすぐに欲しいとはあまり思いません。
しかし、冷やして置いて、パンも作って、ジャムをつけて食べたいものです。

2008年6月21日 (土)

大量すぎて、テンパっています(>_<)ヽ

18日に梅と杏の収穫作業。

去年は梅が多く実ったと喜んでいた。
あんずは、私が嫁に来るまでほとんど食べずに落ちていたらしいけど、去年から杏ジャムになる。3㎏くらいあり、大量のジャムになって作るのは大変でした。

けど、今年はもっと凄いことになった。

梅は、梅干し、梅シロップ、梅酵母、梅ジャムに変身する予定。
梅干しにしようと思い、準備したけど、去年も大量にとれたいたのにそれ以上ある。倍くらい??!!
あまりの大量にどこから手を付けていいか分らないくらい。

義母が倉庫から出してくれた瓶は、デカイ!普通の家には絶対にありえない大きさ。
高さが60センチくらいあるかな。

全部は重さを量ってみて、びっくりです。なんとか今日梅干しを『18.7㎏』を漬けました。

疲れました。

梅酵母、梅シロップは、水や砂糖に漬けるだけなので、20日終えました。

捨ててしまった梅もあるので、全収穫量は、20キロを越えていたようだ。
ちなみに梅の木は5本くらいから採りました。

また、杏も大変な量で。。。杏の木は1本なんだけど、実が5センチくらいと大きいです。
杏はそのまま食べるのも美味しいけど、割とすぐに熟してしまうので、保存性の高いジャムにします。杏酵母も挑戦中。

全部で6~7㎏ありました。ジャム作りは、3日間かかりました。
この作業が夕食後にしか時間がないもので、休む暇がなく、疲労困憊です。

ジャムは、大、中、小のピンに入れて、合計21本。
ぜひとも、顔見知りの方は、杏ジャムをもらってください。(加工食品は販売出来ませんので)

そして、まだ梅ジャム作りが残っています(;>_<;)ビェェン

頑張ろうっと。

大量で大変だけど、これも天からの恵みです。
h家代々の木々に感謝。
ご先祖様にも、感謝なのです。

がんばろうっと。


2008年6月15日 (日)

さっそくあんパンを作る

パン焼き会の時、成功した麹酵母がまだあるので、さっそくあんパンを作ってみる。

あんこはちょっ前に作っていた。あんこは甘さを控えめにしすぎたのか、硬めなってしまった。失敗なあんこ。どろどろしているものより、あんパンの中身が爆発しなくてすむので、とりあえず作ってみる。

080604_koujianpan







焼きたては甘さもなく、う~んといまいち。
時間をおいて食べた方が美味しかった。

あんパンは、やはりあんこがうまくないと、うまくないと知りました。
あんこ作りの研究しようと思います。

2008年6月11日 (水)

初?!パン焼き会をしました!

友人が「天然酵母のパンを焼いてみたい!」そんな話が出て、私も最近パン作りをやっていないし、みんなで焼いてみたら面白そう!と思い、プレバージョンにやってみました。

天然酵母のパン作り会です。

『初?!』となっている理由と内容は、
各自パンを自分で捏ねて、それをアースオーブン(土窯)で焼く!
パンが発酵中の合間にピザのランチ&我が家の野菜でスープを作る。

定員6名、アースオーブン(土窯)にギリギリパンが焼ける量です。
6名の予定が2名欠席。参加者4名でした。

梅雨に入っており、天候が心配でしたが、なんとか曇。雨の心配もない日になり、ほっとしました。雨で中止が一番悲しい。

10時集合、みなさん時間通りの集合していただき、すぐにパン作りの準備を始めます。
使う酵母は、白神こだま天然酵母。イーストのように簡単に作れる優れものです。

友人のFちゃんは天然酵母パン作りが好きで、いろんな酵母で作る。
春には山桜で酵母を作り、パンを焼いたとも教えてくれた。彼女は、レーズン酵母を持ってきてくれた。

酵母の種類によって、味が変わるのが面白いところ。

私は乾燥麹があったので、事前に酵母にしてみた。思ったより発酵までに時間がかかったが、どぶろくっぽい酵母になったので、だめもとでパンを捏ねてみた。

結局、白神こだま酵母、レーズン酵母、麹酵母の3種類の酵母パンができることになる。

捏ねて、1次発酵。

ランチの準備をします。
我が家で採れたじゃがいも、カブ、間引きにんじん、玉ねぎ、ニンニクを使って、野菜コンソメスープです。
ピザの具材やピザ生地もカット。

パン作り、料理作りの間ずっと夫が火の番をしてくれていました。

焼き始めたらあっという間にピザの完成!

0611piza






ひとり1枚分くらいのピザを食べて、満足。
ゆっくりしているのもつかの間、捏ねたパンは常温でも2~3倍膨れました。

分割、成型し、2次発酵。
ランチの片づけをしつつ、畑散策やヤギと戯れる。

そうしているうちに時間はすぎ・・・
0611pan1







パンは良い状態です。
窯の温度を冷まします。

ちょっと温度が高めでしたが、待つこと約16分。
0611pan2







パンの完成です!!

一番奥がレーズン酵母のパン。
真ん中の山形パン左が麹酵母パン、右がこだま酵母。
同じく手前の2つ丸パンもこだま酵母。

なかなか個性的なパンが焼けて、面白かった。

酵母によって味の違いも楽しめた。

麹酵母は酒まんじゅうのような味。。。。予想外にうまかった!やはりあんパンが作りたくなった。

もっと回数を重ねていったら、いろんな酵母を持ち寄って、それぞれのパンが焼けたら、面白そうと、また構想・・・妄想しています(笑)。


2008年6月 2日 (月)

よく鳴きます(・_・、)

最近、やぎたちはとてもよく鳴きます(;>_<;)ビェェン
裏にある運送会社からクレームがくるほどです。
餌が足りないのか、遊びたいのか、人恋しいのか、よく分りません。
冬から春にかけて、キャベツの葉や小松菜、白菜など葉物が多かったけど、初夏になるとほとんどなくて、雑草もあるけど選り好みしています。
私か夫がそばにいくと、寄ってきて大は頭突き。かん奈はスリスリしてきます。
ちょっと甘えさせすぎたのかしら?。
ちょっと子育てと一緒と感じます。

ヤギの場合、 よく鳴くから、ついつい餌を与えてしまう。
こどもの場合、ほしがるから、ついついお菓子を与えてしまう。

子育てって、ひとつひとつ考えさせられます。

0602








夏野菜

夫が小学生の田植えをしている間に、キュウリの誘引。先日の風で折れてしまっているキュウリの苗の植え替えでした。

キュウリも実をつけ始めています。
やっぱり夏野菜の生長って早い!

今年初めて、キュウリに接木をしました。
そのほうが連作障害がなくなるそうです。

かぼちゃの根っこで、上がキュウリ。
かぼちゃの芽が出てしまってるので、切りました。
0602_kyuri1 0602_kyuri2














トマトもずいぶん大きくなっています。ミニトマトも実を付けています。
ちょっとピンボケ

0602_tomato







その後、サツマイモの畝間に敷きワラをしました。
が、早めに雨が降ってきてしまい、途中まででした。

今年は雨が多いようです。今日梅雨入りもしました。
明日も雨だ。やりたい作業いっぱいあるけど、なかなか進みません。

小学生の田植え

今日も田んぼはにぎやかでした。

先日、見学に来ていた小学生が、今日は田植えです。

0602_tuji_taue1

0602_tuji_taue2







夫がすべての指導をしているので、私は写真係のみ。
他の作業もあったので、詳細はわかりません。

我が家のような都市農家も、こどもたちに大切にしていってほしい。
作物のいのちを大切さを感じて欲しい。
そう願っています。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »