« 米麹づくり | トップページ | 大地にふれる »

2008年4月 3日 (木)

痛かったぁ

4月3日午前9時頃。痛かった事件は起きました。

ヤギの大とかん奈を小屋からだし、田んぼに連れて行く途中のことです。
夫が不在でしたので、わたしひとりが連れて行くことになりました。

2頭とも、小屋から出ても、田んぼ方向に行こうとせず、踏ん張ったり、止まったり。
引きずるように門の近くまで行くと、母屋の前には2頭のイヌがおり、吠えられました。
その声に驚き、急に駆け出します。

ロープを持っていたのですが、足に絡み、思いっきり石畳みに転び、少し引きずられました。そして、ロープはあっという間にわたしの手からすすると抜け、

そのときは、本当にスローモーションのようですが、全く声が出ません。
こころの中では、「あ゛~~~~」とか「とまれ~~~」とか、「車に引かれる~~~!!」など。。。でも、いざっていうときには、声が出ないもの。

すっころんだ痛さは二の次、わたしも走りました。

田んぼは、母屋からバス通りをはさんでいます。交通量はあるところ。
ヤギたちは2頭ともあっという間に渡っています。

幸い、車が1台くらいしか通らず、その1台の車と、自転車?バイクの1台(記憶がはっきりしない)がスピードを落してくれたので、何事もなく、ヤギたちは田んぼに到着。

あぁぁ、よかった。
わたしも慌てて、田んぼに着き、急に「ドキドキ」が止まらなくなりました。震えました。
本当に恐かった。
しばらく、ヤギたちをなでて、ごめんね、何事なくてよかったねと、話しました。

ヤギが交通事故になってましったら、本当に大変だ。
こども同然のように可愛くて仕方がない。その子たちが怪我でもしたら、こころを傷めます。
本当に何事もなくてよかった。

石畳ですっころんだ身体的な傷は、やはり強烈にあり、左手の平・小指、右膝は、擦り傷、流血でした。擦り傷ですんでよかったけど、痛い。かなり、痛い。時間が経って、右の肋骨も打ったようで、力を入れると痛くなりました。数日経ったいまでも、力が入らず、畑仕事が思うようにはかどりません。
困ったことだけど、数日で直ることを祈ってます。


« 米麹づくり | トップページ | 大地にふれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛かったぁ:

« 米麹づくり | トップページ | 大地にふれる »