2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の記事

2008年4月25日 (金)

利口な‘大’

ヤギの動画ブログでお楽しみ下さい。

2008年4月19日 (土)

カルガモがやってきた!

雨模様が続き、4月の降水量も例年より多いようだ。
畑の準備、植え付けなどいろいろとやりたいこともあるのに、作業は進んでいるようで進まない。

雨の日は、ビニルハウスでトマトや茄子などの苗をポットに移したり、芽が出なかったものを再度種まきしたり。

今日も雨上がりで、田んぼ(今は菜の花畑になっている)もぐちゃぐちゃ。
そのせいなのか、早くもカルガモがやってきていた!2羽来ていた。
例年、田んぼに水が入るとやってくるので、今年はとても早い。

びっくりして、激写。
携帯で撮ったので、あんまりはっきりしない。

Nec_0170

2008年4月11日 (金)

花を・・・

先月、以前から欲しかったデジタルビデオカメラを買いました。
主に使いたい理由は、ヤギたちを撮るためです。

ビデオに撮ったのは、1ヶ月くらい前ですが、PCに移したり、Youtubeにのせたりと時間がかかりました。



2008年4月 8日 (火)

いただきま~す。

0804_yomogi







2月の餅つきでは、よもぎ餅が出来てよかった。
そして、今年もよもぎ摘み。

春の新芽をいただきます。

畑の脇に点々と存在しているよもぎ。
色んなところに点々とある。去年より、多く見つけられそうだ。

新芽の出たところ、出ていないところ、いろいろなので、
仕事の合間をみては、よもぎをチェックしています。

摘んできたよもぎは、重曹であく抜きし、絞って冷凍庫へ。

今年はいっぱい採れそうなので、草だんごでも作ってみようかな。



春のめぐみに感謝。

今年は初めて田んぼの‘セリ’も摘んでみた。
いい香りがする。お浸しと、セリご飯も美味しかった。

あっという間に春が終わってしまいそう。

2008年4月 7日 (月)

大地にふれる

Sakura08

Tabi0804

冬は寒くて、とても地下足袋がはけませんでした。
春になり、久々に履いてみると、
大地を踏みしめている感じがよくわかります。

この地下足袋は3年目くらいです。かなり汚れています。
最初は、なんて履き心地が悪いもの。。と思っていました。
大地の感覚がリアルすぎて、普通の靴のようにヒールもありません。だから、バランスがよくとれず、柔らかい土の上では、ずっこけそうになりました。

今では、大地とのふれる感触が気持ちいいと思えるようになりました。
陽があたれば、土も温かさがあり、ふかふかした感じです。

おまけ

かん奈

Kanna_080403

2008年4月 3日 (木)

痛かったぁ

4月3日午前9時頃。痛かった事件は起きました。

ヤギの大とかん奈を小屋からだし、田んぼに連れて行く途中のことです。
夫が不在でしたので、わたしひとりが連れて行くことになりました。

2頭とも、小屋から出ても、田んぼ方向に行こうとせず、踏ん張ったり、止まったり。
引きずるように門の近くまで行くと、母屋の前には2頭のイヌがおり、吠えられました。
その声に驚き、急に駆け出します。

ロープを持っていたのですが、足に絡み、思いっきり石畳みに転び、少し引きずられました。そして、ロープはあっという間にわたしの手からすすると抜け、

そのときは、本当にスローモーションのようですが、全く声が出ません。
こころの中では、「あ゛~~~~」とか「とまれ~~~」とか、「車に引かれる~~~!!」など。。。でも、いざっていうときには、声が出ないもの。

すっころんだ痛さは二の次、わたしも走りました。

田んぼは、母屋からバス通りをはさんでいます。交通量はあるところ。
ヤギたちは2頭ともあっという間に渡っています。

幸い、車が1台くらいしか通らず、その1台の車と、自転車?バイクの1台(記憶がはっきりしない)がスピードを落してくれたので、何事もなく、ヤギたちは田んぼに到着。

あぁぁ、よかった。
わたしも慌てて、田んぼに着き、急に「ドキドキ」が止まらなくなりました。震えました。
本当に恐かった。
しばらく、ヤギたちをなでて、ごめんね、何事なくてよかったねと、話しました。

ヤギが交通事故になってましったら、本当に大変だ。
こども同然のように可愛くて仕方がない。その子たちが怪我でもしたら、こころを傷めます。
本当に何事もなくてよかった。

石畳ですっころんだ身体的な傷は、やはり強烈にあり、左手の平・小指、右膝は、擦り傷、流血でした。擦り傷ですんでよかったけど、痛い。かなり、痛い。時間が経って、右の肋骨も打ったようで、力を入れると痛くなりました。数日経ったいまでも、力が入らず、畑仕事が思うようにはかどりません。
困ったことだけど、数日で直ることを祈ってます。


« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »