2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007年11月27日 (火)

本「半農半Xの種を播く」

先日のブラウンズフィールドで、買った本。

『半農半Xの種を播く~やりたい仕事も、農ある暮らしも~』(塩見 直紀、種まき大作戦共編著、コモンズ)
51p3qgvmg7l_aa240_












私もタイトル通り、「半農半助産師」を目指しているので、興味をもって読みました。
なかなか凄腕の人たちが連なっており、思っていた以上に多くの方が「半農半X」を実践されていることに驚きました。
農的な暮らし、畑とか、自給とか、団塊の世代だけでなく若い人にも興味がある人が増えているってすごいことだと感じます。みんな、頑張っている!と思いました。

色んな方がアンケートに答えていて、『Q.あなたにとって、農とX、この2つが必要な理由は?』の回答が面白いくらいいろいろありって、それが面白い!! 環境、経済のことを書いている人もいるし、食につながること、自給したい・・・など。個性があって、奥が深いなぁ。

私にとっても、農家である夫と結婚しなかったら、きっと「半農」なんて言っていないと思うから、これも縁なんだよね。

まだまだ、農も助産師も中途半端さのある私だけど、自分がやりたいこと、楽しいと思っていることを実践できるように頑張ろうと思う。そのためには、夫と義母の協力無しには考えられない。

とにかく、農も助産師も頑張っていこう!!

2007年11月23日 (金)

5ヶ月ぶり

今日は、デトックスファスティングプログラム以来、5ヶ月ぶりにブラウンズフィールドへ行ってきました。
収穫祭でした。

お昼頃着いて、つきたてのお餅を食べ、夫はさっそく「火の番」半スタッフ化しています。
また、お餅つきなれば、手慣れた手つきでもち米を杵でつぶします。周りにスタッフは「こんな風にやるなんて、知らなかった~~」と。

もち米は、玄米のようです。
玄米の餅は初めてでした。写真は黒米、緑米が主のようです。

071123_bf_a 071123_bf_b
071123_bf_c










歌やダンスの披露があったして、パン屋さん、Tシャツ屋さん、服屋さん、アクセサリーなど、出店もあり、結構たくさんの人が集まっていました。

そして、最後は抽選会があり!!

『手作りしょうゆ』をGET!!!
一番欲しかったので、嬉しい~~\(^O^)/

楽しみ楽しみ。

2007年11月22日 (木)

今日の一枚

Nec_071122










キャベツの周りに生えた草刈り中。
10時くらいで陽射しも出ているのに、葉っぱの上で氷を発見!
寒いはずです。

2007年11月18日 (日)

やっと実現!パン&ピザ会 ~土窯~

結婚前に作ってあったアースオーブン(土窯)。
去年結婚し、友人たちを呼ぶために何度か企画したけど、天候に泣かされ、ドタキャン続出で中止。人が集まらない・・・などで企画倒ればかりだった。

そして、ようやく4度の正直!
人も集まり、天候も良し!やっと実現した『h家のパン&ピザ会』なのです。

本当に天候が良くよかった。前日は、凍えるような寒さだったのに、暖かい陽射しに包まれて、20度近くあがってくれた。ぽかぽか陽気が何よりだ。

集まったのは、夫婦共通の友人や、私の元職場の友人、NNNの仲間など、子ども含めて12名!!

前日から準備をし、初めてのことなので、手順や進行も適当だったけど、みんなのおかげで楽しい時間になりました。

私はカメラを持ち歩いていたものの、最初はメディアが入っていないし(T.T)、あっちいったり、こっちいったりして・・・・結局数枚しか撮れません(×_×;) ホントわたしって、カメラマンにはなれません。
そんなわけで、私の撮ったものと、友人が送ってくれたものと合わせて、レポートします。

~~~~~始まり~~~~~
10時集合
集合が思ったよりばらつきあり、来た人たちは「わぁ~~広い」と畑を見学して廻っている。こどもたちは走っています。
夫は野菜作りに興味ある友人たちを畑の案内。

10時半すぎ、ようやく全員揃い、パンを焼き始めつつ、芋掘り開始!!

071118_imod 子ども4名と甥っ子2名。大はしゃぎ。大人の出る幕がありません。
「とったど~~」







071118_c 芋掘りしつつ、パンを焼いていたので、少し焦げました。
私の作った「黒糖パン」
ホシノ天然酵母を使いました。
もっちりしたパンです。





071118_b 窯には、火が入り、再度ガンガンに燃えています。






071118_e ピザ生地を分割中。








071118_a ピザを焼き始めると、こどもたちが我先にと自分たちでトッピング!!

(私はあんまり見ていなかったけど、楽しそうにやっているみたい。それぞれ、チーズの具材など盛りだくさんにして、個性あるピザになったようです。)





071118_f こどもたちが食べ終わると、大人たちがゆっくりと腰をあげて、ピザ焼きを始めます。

大人が作ると、味も見栄えもおしゃれな感じ。

パティシエ作 ピザ。さすが器用!!こんなピザを作った人は初めてです。


中からチーズが溢れてきました。
071118_g
写真を撮り忘れていますが、お昼のメニューは、鳩ヶ谷産カブとにんじん、我が家の玉ねぎのコンソメスープと、大根と鶏肉のあっさり塩味の煮物。

シンプルに野菜の旨み、甘みが出て、なかなか好評でよかったです。

ピザの予定枚数は30枚でしたが、半分くらい残ってしまい、ピタパンに早変わり。
そして、「お腹いっぱい」とみんないいながらも、ジャムをつけて食べました。

少し、デザートもあるといいのかも。次回に向けて頑張るかな?!

最後に我が家で採れた柿の酵母で作ったパン、トマト酵母のパンを焼いてみました。
写真なし。
柿の酵母のパンはまあまあ良い感じ(味とふくらみ)。点数なら75点くらい。
トマト酵母は、私が水分量を多くしてしまって、その時点で失敗(;.;) 発酵させてもかなりだれてしまって、まったく膨らまないパンでした。トマト酵母そのものは、冷蔵後保存したのに、ふたを開けた瞬間から吹きこぼれるくらい元気だったのに、パンにする段階で失敗にさせてしまったのが、残念でした。
失敗は、次回の反省に生かします。

さて、パン&ピザ会も片づけになるころには、木枯らしが吹き始め、落ち葉が舞い落ちてきます。天気予報通り、急に寒くなりました。

天候に恵まれて、感謝感謝。
みんな、楽しんでくれて、感謝感謝。
夫もお義母さん、よく働いてくれて、感謝です。

たま~にでいいので、またやりたいです。

次回は、2月も餅つきの予定もあり!!
来られそうな方はぜひ、コメントを!!

2007年11月13日 (火)

今日気付いたこと-2つ-

10月下旬から左足、足背の一部がしびれている。
原因は分かりません。痛みもあるわけでから、すぐに病院に行くことはしなかった。
しかし、3週間経っても直らず、不安になり、迷ったあげく近くの整形外科に行くことにした。

診療所にいって、気付いたことが2つある。

まずひとつめは・・・
病院勤めしたこともあるが、患者となって行くのは、あまり好きじゃない。
好きじゃない理由は・・・何だろうか?親身になってくれる医者が少ないことかな。

行ってみて、午前診療はかなり混んでおり、1時間くらい待った。
整形外科だから、問診で「X線とりますか?」と言われたが、妊娠したいと思っている私は「いりません」と答えた。

医者の診察は、意外に説明も診察も丁寧だった。
ここ数年の間に、内科、皮膚科に行ったことがあるが、視診だけで終わる事も多く、触診などもなく終わることも多いのだが、患者としてみたら、「触って欲しい」と思う。どこが痛いか?腫れているのか?熱があるか?・・・そういう風にわたしは思う。
しかし、このドクターは、ちゃんと触診してくれたし、筋力弱ってないかも確認してくれた。それが安心のもとともなったように感じた。
結局のところ、足の具合は、整形的(運動)としては問題がないだろう。様子をみることにした。

私は医者と話すことに億劫になっている。医者と話しをしたくない気持ちが私のどこかにあるのかもしれないと感じた。

ふたつめ。
医療者なので、気になったこと。
医者と患者が話している最中に会話を遮る看護師(or医療スタッフ)のこと。
外来ではよくある場面。

○看護師は他の患者のカルテで医者に確認したいことがある。医者は患者と話している場面。
看護職のあなたがこの立場だったら、どんな声をかけますか?

a.話が終わるまで待つ。
b.「先生、すみません」と会話を遮る。
c.「お話し中にすみません。」と患者・医者に断る。
d.その他

多いのは、たぶん「b」。私はそれっておかしくない?と思う。患者が第一でない気がする。
医者の話が中断されるのは、患者が不愉快に思うからだ。
私が看護師の立場なら、急ぎの場合は「c」で対応したいと思う。

医療者の皆さんなら、医療者ではなくても、どう感じますか?

2007年11月 3日 (土)

さつまいも

1103_imohori








今日は、さつまいも掘りです。

保育園、小学校も来て、半分近くは掘っていますが、まだ紅あづま、紫芋は一部残っています。
早くしないと、寒くなって霜が降りると芋が腐りやすいらしい。

芋掘りしたいという方の連絡もあったりして、まだ少し残っています。

早速、食べてみると甘み少々。紫芋は少し甘みがありませんが、数日おくと違うかな??

芋料理は夫はあんまり食べません。男性は甘い料理は好きじゃないみたいです。だから、おやつになることが多いかな。

2007年11月 1日 (木)

もちもち、つやつや

収穫を祝って、お餅を振る舞う「お日待ち」という風習がある。

今年は例年より少し遅めに稲刈りも終わり、今日早朝から餅つきです。

1101_moti1 1101_moti2










つきたての餅は、とっても熱くて、「あっちち」といいながら、丸めます。
できたては美味しい。自分の家で餅つきできるって、幸せです。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »