2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 時空を越えて・・・ | トップページ | 小松菜の出荷作業 »

2007年2月17日 (土)

味噌造り見学

見沼のあたりで味噌造りの見学会を夫が発見。
行ってみることにした。

以前、私は味噌造りをしたことがある。
しかし、結果は最悪でした。色は黒く、固い。味もいまいち。今思えば、カビが繁殖?か、水分が蒸発しやすかった?と考えられます。

今回の見学会は、味噌も持ち帰りなし、無料のもの。
行ってみると、地元の人が数人。思ったより人が少なく、見やすそうだ。
地元の方(主婦)が講師をし、米麹も自宅で作ってきたという。
(米麹も作れるんだ!とびっくり)

P2160900大豆は前日煮て柔らかい状態。それを臼と杵でつぶす。本当は見学だけなんだが、参加してよいとのこと。
少しずつ大豆をつぶしていく。

米麹と塩を混ぜ合わせ、そこにつぶした大豆を入れて、混ぜ合わせてる。
P2160901
ハンバーグのように空気を抜いて丸め、桶ににたたきつけるようにいれる。桶にはホワイトリッカーで消毒したビニル袋。口をヒモでびゅっとしばって、重しをして終わり。


去年作った味噌を食べさせていただいて、「美味い!!」酒の香りがただようような味深さ。
やっぱり作りたい!と私のハートに火がついた!!

米麹も作れるとなれば、やってみる価値有り??と思ったのもつかの間。
古米と麹菌を混ぜて、発酵させる。そのとき、40度以下に保つため、電気毛布等が必要で、丸1日つけっぱなし、電気代がかなりかさむようだ。その手間暇を考えてると、今年はまず我が家で麹作りからは出来そうもない。来年には、挑戦か?!

味噌造りしたい気持ちはあり、手作り味噌セットを購入し、今年は仕込んでみようと思う。

« 時空を越えて・・・ | トップページ | 小松菜の出荷作業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味噌造り見学:

« 時空を越えて・・・ | トップページ | 小松菜の出荷作業 »