« お餅つき | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

2006年12月28日 (木)

大雨の後

冬場は田んぼには、水門が閉まってしまうため水がありません。
冬の田んぼでは、冬の野菜を作ることが出来ます。

今年はたくさん種を蒔き、ほうれん草、小松菜、蕪、のらぼう菜、水菜、からし菜・・・

しかし、26日の季節はずれの大雨、突風・・・・1日中降り続け、畑も田んぼも水浸し。
(水はけの悪い土でもあるらしい。)
翌日には田んぼも水たまり。水田のようになってしまいました。
1227_komatuna01

足を1歩いれるだけで、沈んでしまいます。

本当は、出荷したいのです。
しばらくは、水が引くのを待たないと何も出来ません。(T.T)

自然相手の仕事とはいえ、思い通りにならないことも多いです。

野菜たちがとにかく無事に育ってくれたらいいのですが、この水がなかなか引けないと野菜たちにも影響がいっぱい出そうで、心配です。

また、急に温かかったり、寒くなったり・・・本当に異常気象。


1228_hiro 今年最後の出荷に向けて、水の溜まった田んぼで収穫します。

私も少しだけやりましたが、足を取られてしまい、なかなかはかどりません。
夫がせっせとひとりで収穫となりました。

« お餅つき | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雨の後:

« お餅つき | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »