« 柿酵母のパン | トップページ | 豊作なのに・・・ »

2006年11月27日 (月)

お礼肥

h家の実家の門の脇に、みかんの樹がありました。
みかんの樹があることも知りませんでしたので、実がなっていると聞いてびっくり。
食べたら、ほのかな酸味あり、美味しいミカン。

Mikan








皮と実がしっかりとしていて、むきにくいのは、「無農薬自然栽培?」なのかもしれません。
(余談ですが、皮と実がすかすかしているのは、肥料が多く皮が早く生長し、すかすかになるらしい)

夫が話してくれました。
夫「お礼肥してあげなきゃ」
わたし「オレイ××??」

お礼肥とは、花や樹が実を付けるのは、とてもエネルギーがいること。樹や花にとっては、大イベント。実を付けてくれてありがとうございましたと感謝すること。また、来年もお願いしますという思いをこめて、追肥してあげることなんだよ。

私は、口を開けて関心してしいました。

夫は農家で生まれて、育ち、当たり前のように野菜も米も作っているけど、いろんな苦労もしている。
こんな風に自然と「感謝して」と言葉がでてくるところは、さすがだと感心してしまう。

« 柿酵母のパン | トップページ | 豊作なのに・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お礼肥:

« 柿酵母のパン | トップページ | 豊作なのに・・・ »