« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の記事

2006年11月27日 (月)

豊作なのに・・・

今年は、白菜や大根など豊作のようだ。
そのために、破棄される白菜、大根がたくさんあるらしい。

http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20061127i514.htm?ref=rss

こんなニュースを聞くと、悲しくなる。
どこの農家も、必死に大切に育てている野菜なのに、売れずに自分で破棄しなければならないことがおかしい。

世界には飢えで苦しむ人もいるのに・・・
何かおかしい。

お礼肥

h家の実家の門の脇に、みかんの樹がありました。
みかんの樹があることも知りませんでしたので、実がなっていると聞いてびっくり。
食べたら、ほのかな酸味あり、美味しいミカン。

Mikan








皮と実がしっかりとしていて、むきにくいのは、「無農薬自然栽培?」なのかもしれません。
(余談ですが、皮と実がすかすかしているのは、肥料が多く皮が早く生長し、すかすかになるらしい)

夫が話してくれました。
夫「お礼肥してあげなきゃ」
わたし「オレイ××??」

お礼肥とは、花や樹が実を付けるのは、とてもエネルギーがいること。樹や花にとっては、大イベント。実を付けてくれてありがとうございましたと感謝すること。また、来年もお願いしますという思いをこめて、追肥してあげることなんだよ。

私は、口を開けて関心してしいました。

夫は農家で生まれて、育ち、当たり前のように野菜も米も作っているけど、いろんな苦労もしている。
こんな風に自然と「感謝して」と言葉がでてくるところは、さすがだと感心してしまう。

柿酵母のパン

昔、我が家は柿を作っていたらしい。
畑には、今も柿の木がたくさんある。毎年のように実を付けてくれるようだ。
品種も2種類あるらしい。
畑に葉っぱも枝も実も落ちたりするので、ときとぎやっかいなこともある。
我が家の「無農薬柿」である。

P9240406








ほったらかしとも言う。

無農薬?だからこそ、柿酵母ができそうである。
パン作りにはまってしまっている私は、酵母を起こしてみたくなった。
というわけで、「柿酵母に挑戦!!」

ビンにへたを取った柿の実と水のみ。寒くなって、こたつの脇で温めると、ぷくぷくと泡が出てきます。
少しずつ、アルコール臭も!!
1週間くらいかかりましたが、ふたをあけると「ぽん」と音が出て、ぷくぷくの泡が出てきます。
酵母の完成!

元種にするために、全粒粉を入れてさらに待つ。
1日で2倍にふくれました。(写真は取り忘れました)

さっそく、パンを焼きます。
自家製酵母のレシピは、本を参考にしつつ、必要な分量を計算。ドキドキしながら材料を混ぜます。
予定より始めた時間が遅かったので、焼き上がったのは、日にちが変わる頃でした。
時間の計算もして、作らないと・・・(_ _ )/ハンセイ

Kakikoubo








パン教室の先生のアドバイスで、梅酒の梅を入れてみました。味はあんまりしなかった。
柿酵母の味も、少し酸味のある自家製酵母らしいです。
写真のルバームジャムはいただき物。美味しいです。砂糖がかなり少なめのパンなので、ジャムを付けてばっちりです!!

2006年11月23日 (木)

残念な雨

今日は、看護職対象の自然ワークショップ『秋の森をゆっくり歩く』を計画していました。
8日に下見に行ったのに、残念な雨のため中止。(T.T)

こればっかりは仕方ないけど、雨の変わりの予定も立てられず、悔しい。

代案を考えていなかった自分がいけないと反省。

ここ数日、急に寒くなっても来たし・・・
時期がもう少し早いほうがよかったなぁと、思いました。

次回は、どこにしようかな?

2006年11月20日 (月)

念願の・・・

念願のクロワッサンを焼きました!

ホシノ酵母の教室に通っていますが、そのレシピでは2日かかるので、今回は白神こだま酵母を使ってみました。夫のパンの本かレシピをみて作ってみました。

クロワッサンは時間がかかる。手間がかかる。

けど、焼けたら美味しい。
形はちょっと不細工でも、自分で作れると嬉しいです。
Nec_0059

2006年11月18日 (土)

ニャー(=^・ェ・^=)な気分

銀杏拾いが続きます。
やっと奥庭のほうが終わったかと思ったけど、まだ別のところ(田んぼの脇)にイチョウの樹があります。

ちょっと粒は大きめ。

孤独に拾っているところに、ニャー。訪問者は、h家の飼い猫「しまちゃん」

もともとは野良ネコだったらしいが、今はかなり人慣れもしてきた。
私も最初は近づくと逃げられていたけど、最近は覚えてくれたようだ。

ネコにとって田んぼも畑も庭の一部。飛び回っています。
そんな一コマ。

イチョウの樹に登り、ニャーな気分。
Nec_0056

2006年11月15日 (水)

スフレ

12日に友人に教えてもらって行った広尾のスフレ屋さん。

「焼きたての熱いものが来るよ」と言われ、スフレのイメージがよく分からなかった。
メニューの 「1050円」には、びっくりした。

しかし!
めちゃくちゃ美味しかった。
Nec_0055














忘れないようにメモ。

2006年11月14日 (火)

銀杏、そして銀杏

11140_ginbaketu 相変わらず、銀杏拾いが続きます。

私は拾い係。
夫と義母が、実をむき、洗い、干す係です。

銀杏拾いは、バケツ4杯がいっぱいになるのに、1時間半弱でした。

それでも、まだ銀杏はいっぱい落ちていて、まだまだ続きます。

2006年11月13日 (月)

ほうれん草の種まき

1113_horensou 田んぼは、稲刈りが終わってから、冬の間は畑に様変わりします。

マルチ(黒くて丸の空いたビニル)を敷いて、ほうれん草の種まきです。

5粒くらいずつ、播いています。
その上からかけ土します。

写真で赤い種がほうれん草です。
ほうれん草の種が赤いわけではなく、病気予防?のために薬がついています。

コレは赤だけど、他の品種のものだと青とか。結構着色料がはっきりしているので、最初は驚きました。

銀杏拾い

1113_ginnan

しばらくして、風も吹いて、銀杏はまたいっぱい落ちていました。

びっくりするほど、いっぱいです。足の踏み場もありません。

こつこつとした作業が続きます。

今日、拾った銀杏ですが、見た目にあまり進んだ感じありませんでした。

2006年11月12日 (日)

医療者のストレス?!

今の時代、産婦人科はどこも人手不足。
今日会った友人も、やはり人手不足で苦労している。その周りの人たちも。

その話を聴いていて、とにかく人手がいないことで、心身共に疲労しているのがよくわかる。そして、悪循環。

気持ちの切り替えさえ出来る余裕なんてないのが、よくわかる。

私の悪い癖で、ネガティヴなパワーをもらいっぱなしで帰ってきた。
帰ってきてから、夫から「なんか元気ないね」と言われてしまった。

もちろん、医療界で人手不足はとても問題は大きいのだけど、でもその中でやっていくしかない今の現状。
どうしたら、医療者・看護者が元気に、楽しく仕事ができるのだろうと考えてしまう。

手をかけて・・・日に当てて・・・風に当てて・・

0611121 0611122
今日は風が強い日。

切り干し大根とズイキを作ります。

切り干し大根は、皮をむき、スライサーで細長くします。
そして、天日干し。

ズイキは、皮をむいて、乾かします。
夫がやっていますが、手が真っ黒になるくらいアクが強いです。
でも、料理するとなかなか美味しい。実は、嫁に来てから初めてズイキ料理を作りました。

2006年11月10日 (金)

気をもむ

12日は待ちに待っていた我が家のピザ会。
あまり準備をちゃんとしていないような気もするけど、私の元同僚がやってくることにわくわくしていた。

が、
「ごめんなさい。行けません。」という友人からのメールから、参加者は2名になってしまった。
ちょっとがっかり。
せっかくみんな、休みのはずなので、横浜方面で会おうとなるが、またもや別の友人(現在妊婦)から
「子宮口開き気味、安静指示になりました。行けません。」
がっかり。

こればっかりは仕方ない。。

というわけで、ピザ会は残念なことに中止。
12日にはひとりの友人と会うことで落ち着いた。

夫もちょっとがっかり。

夫のピザ窯がなかなか活躍できず、本当に悔しい。
夫「次は春・・・3月か4月。花見だね。」
次回は、たくさん人を呼んで、中止にならないようにしようと話す。

次は、春!

それまでに私もパン焼きの腕を磨きます。

2006年11月 9日 (木)

収穫

1109_yatugasira

1109_satumaimo

1109_syuga












左から ヤツガシラ さつまいも  生姜

1109_hart

あかかぶ??


では、ありません。
さつもいもです。

ハート型でかわいい。

収穫は楽しいです。

2006年11月 8日 (水)

秋の森・・・下見編

Nec_0052 Nec_0053

今度、看護職の方をお誘いして、「秋の森をゆっくり歩く」を企画。

今日はその下見に行ってきました。

晴天、気持ちのいい時間でした。

ここは横浜の森です。
まだ、紅葉はほとんどしていませんが、2週間後には色づいているかも・・・と期待しています。

右側の青空にトンビが飛んでいるはず・・・見えるかな?

今日はリスも小鳥もいっぱいでした。
リスは器用に樹から樹にジャンプするところをみて、子どものように私ははしゃいでいました。
誰かに見せたかった。

とにかく、ステキな森。
もっと近ければいいのに、、、
片道2時間半弱の旅でした。

2006年11月 6日 (月)

夢のクロワッサン

1105 パン教室も基礎コースは終わり、やっていくうちにいろんな成型やいろんな味のパンが楽しくなってしまった。

これは、クロワッサンを焼いてみたい!

その衝動で中級コースも通うことに!!

そしてとうとうクロワッサン!

何度も生地をのばし、冷やし、のばし・・・の繰り返し。
かなり時間と手間がかかります。

素朴なクロワッサン、市販のものよりちょっとしっとりめのクロワッサンです。
でも、美味しい!自宅でもやりたいと思っています。時間を作らなくちゃ。

2006年11月 5日 (日)

第4のヒレ・・・と118頭

朝刊に「イルカの第4のヒレのあるイルカが発見」と出ていた。
イルカ好きな私は、興味津々。
陸上生活していた痕跡・・・など書かれている。

しかし、

気になることは、このイルカが何の目的で捕獲されたのか??
[捕獲したバンドウイルカ118頭の中から見つかった。 ]

なぜ、118頭も捕獲しなれけば、ならないの??

その疑問にはどこにも書いていない。

捕鯨問題も信じられないくらいの数が調査のためにとらわれていると聞いた。(正確な数値は忘れた)
イルカも漁場を荒らす悪者にもなることもあるようだけれど、もしそういう目的で今回118頭のイルカが捕獲されたとして、数頭が水族館へ、数頭は博物館?、その他は???

第4のひれが発見されなかったら、こんな疑問にも思わなかったけど、
すっきりしない、もやもやしている。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »