« 籾すり | トップページ | また、パンを焼く »

2006年10月22日 (日)

土窯でパンを焼き、売れました!

10/21~29まで、八王子恩方で三軒工房展がある。
いつもお世話になっている長野修平さんの工房も展示と喫茶をやっている。
ここ3年くらい、喫茶などでお手伝いにいくこともある。仕事をしているとなかなか工房展期間中にまとまってお手伝いしたことはなかった。せいぜい1泊2日程度。

実は、結婚する前に夫が作った『アースオーブン(土窯)』が長野さんの工房にもある。パンとピザを焼いている。

今年は私もパン教室に通ったりして、パンを焼いて売ることにした。始める前は自信がなかったけど、やってみると出来るものだ。
土窯は薪で火をおこし、その熱を土と耐熱レンガが蓄熱する。高いと300℃くらいになるらしい。
ピザは窯に入れたら1分くらいで出来上がる。とても美味しいのだ。

期間中天然酵母を使ったパンを色んな人が焼いてる。夫は3年目で、かなりの量焼いているらしい。だから窯の扱いにはなれているし、温度計もなし手の感覚だけで温度を測り、パンを焼く。
私のパンのほうは、窯の感覚は初めての挑戦。パン教室で習っているパンからどんなものにしようかと悩んだけど、『ロールパン』『黒糖パン』を作ることにした。
パンの発酵時間などなれない面も会ったけど、感覚だけでやっている夫にも聞きながら、焼けるまでがドキドキの体験。

最初のロールパンとウィンナーロールは、窯の温度がやや低くなり焼けているけど、白いパン。まあまあの合格点。
次に黒糖パン。これは窯の温度が高すぎて(なかなかさめなくて)、ややコゲパン。

結局、2日半で4回焼きました。Pa210518かなりの量です。

  Pa210522
  Pa220527

Pa220533

最後の写真は夫のパンもいっしょです。
また2日間パン焼き、頑張ります。

« 籾すり | トップページ | また、パンを焼く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土窯でパンを焼き、売れました!:

« 籾すり | トップページ | また、パンを焼く »