2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

2006年9月30日 (土)

苦労

雨のせいで田んぼの水が溜まりましたが、やっと水が引けてきました。
しかし、またまた週間天気予報は雨マーク続き。(;.;)

夫は悩みながらも、稲刈り続行。
0929_kuwai 写真は田んぼです。
でも、クワイが共生していますが、育てているわけではありません。3~4年くらい前から生え始め、草刈りしても生えてしまい、今ではすごいことなっています。
このクワイ、かなりのくせ者で、稲刈り機がうまく作動できないので、クワイ退治をしながらです。クワイは、お正月などで芋のように食べれるようですが、我が家では田んぼに被害を及ぼすものになっています。(;.;)

また、バス通り沿いでもあり、交通量がわりとあります。
(田んぼがあるというと、「田舎」というイメージが皆さん強いようですが、ここは住宅街の中でやっています)
人が通れば、ゴミを落としたり、風で吹いたり、カラスが運んだり、田んぼに落ちることもあるでしょう。空き缶、ペットボトル、プラゴミ・・・色々出てきます。
そして、今日、がっかりしたことは、『犬の糞』です。犬の散歩をする人も多くいます。しかし、マナーの悪さにがっかりです。田んぼの脇でも原が立つのに、稲刈りが終わっている‘田んぼの中’に落としています。どう考えても、「悪質」です。飼い主は、マナーがない。常識がなさすぎます。上記のクワイも誰かが放り投げた可能性もあるようです。

それと、スズメの害。
0930_ine 悲しいくらい、スズメに食べられてしまった稲です。
美味しいところはほとんど食べてしまっています。

とくにクワイの葉っぱに乗って食べています。
どうにかしなくては・・・

焦る気持ちと裏腹に、天候にも悩まされ・・・・苦労が絶えません。

0930_kaeru


葉っぱに乗っているカエルも発見。

2006年9月28日 (木)

水たまり

P9280416 今日は天気がよく、洗濯物がよく乾きます。

しかし、田んぼには水が溜まり、稲刈りが出来ません。

雨の滴が稲穂につき、重み&風で倒れてしまう。

水についた穂は、種そのものでもあるわけで、芽が出てしまうそうです。


今日は、稲刈り、脱穀した米を籾すり。
でっかい乾燥機に籾を入れ、籾すり機にかけて、玄米になります。

なかなかいろんな工程をふんで、お米になるんだ。

そんなお米、みんなさんは大事に食べていますか?

2006年9月27日 (水)

雨のため、お休み

雨のため、農作業はお休み。

かなりな大雨になって、田んぼには水が溜まっています。
水が引くのに数日かかる模様。

のんびり休日気分・・・でも、洗濯物は溜まるし、なんだか憂鬱です。

2006年9月21日 (木)

脱穀 また稲刈り

0921_1 0921_2 今日はとてもよい秋晴れです。
空気も乾燥していて、稲がよく乾きます。
また今週末、秋雨前線や台風14号が近づいているので、先々心配しつつ、気持ちよい天気の中、脱穀作業になりました。

籾と藁に分けていきます。
乾燥した稲は、かなりほこりっぽいです。

田んぼにいると、虫も多いし、カラスもやってきます。たまに猫も。
カラスは、稲刈りをしているとある程度の距離を保ちながら、人の近くによってきます。
何をしているのか、最初は分からなかったけど、稲刈りをしたあとに出てくる虫を探しているようです。
0921_4 カラスはゴミを食べる・・・というイメージだったけど、こんな風景をみていると、鳩やスズメと変わりないように感じます。

スズメ・・・大群で田んぼに来て、お米を食べてしまうので、やっかいです。追い払っても電線に止まってしばらく眺めています。人の気配がなくまると、ピーピーと騒ぎまくっています。困ったものです。

2006年9月20日 (水)

やっときた~~~!

Hasinagairuka ハシナガイルカ。


これは待ちに待ったイルカなんです。

イルカ好きなわたしは、イルカ検索でたまたま見つけたところ。

『ウッドクラフト みすま工房』

作品は、とてもステキなものばかり。
でも、やっぱりイルカが欲しい。
月に1個程度くらいしか作っていないようで、しかもイルカだけではないわけで、
予約をしても、1個を5~10名くらいで抽選になり・・・何度も何度も落選しつづけていたわけです。

まだ結婚する前、イルカ好きな彼(現:夫)にもここを紹介。偶然にも1発で当てた。

悔しくて・・・
また何度も落選を繰り返しました。

そしてやっと来たんです!!

単なるイルカバカ。

2006年9月16日 (土)

稲刈り開始

昨日からやっと稲刈りを開始しました。
雨があがって曇りがちの天気でした。秋の涼しい風が作業中、心地よいくらいです。

まずは、もち米の田んぼから。
雑草も多くなってしまって、稲刈りの器械がうまくすすまず、雑草を刈りながらの作業です。(この晩、わたしは夢でも草刈りしていた)
田んぼの周りは手で刈って、あとは稲刈り器。どんどん束になっていきます。
午前2時間半くらいと午後1時間くらいで、もち米は終わりました。

その後がまた大変です。
竹で組んだ「やらい」(地方によって呼び名や形は違うようです。)作りです。
家から竹を運ぶのも一苦労・・・へっぴり腰のわたしはよろよろです。

2つ作っている途中で暗くなり、1日目終了。
次の日、組み終えて、稲をかけていきます。あちこちに散らばっている稲を集めてくるのも大変。ちょっとへばりそう。

なんとか頑張って、風景が変わりました。
P9160372 これで1週間くらい、稲を乾燥させてから脱穀作業です。

2006年9月13日 (水)

秋雨前線

秋雨前線、停滞中。

晴れていたら、稲刈りが始まる予定でした(×_×;)

昨日の週間天気予報をみて、夫婦ともども、がっかりしています。
雨マークがずっーーと(T.T)

これは、祈るしかありません。

お天道様が顔をだしてくれますように。
0913_teru

2006年9月10日 (日)

今日は「ありがとう」。

NNNのチラシを作った。
仲間が協力してくれて、印刷をしてくれたり、出かけた先のレストランに置いてくれたり、配布してくれたり・・・感謝、感謝。

別の場所では、看護の仲間がオフ会をしており、そこにもNNNの仲間がNNNを紹介してくれた。感謝、感謝。

今日は、ある会場でチラシを手渡しした。
相手は看護職でも医療関係の人でもないけれど、手にとって見てもらっただけでも嬉しい。感謝、感謝。

NNNはいったいなんなかの?何のため?と言われると、わたしの願いは『看護という仕事をいきいきと、楽しくしたい』 逆を言えば、いきいきと楽しく看護していない人のほうが多いように思うから。NNNはそのきっかけ作りかもしれない。

今日は、たくさんの人に「ありがとう」

2006年9月 8日 (金)

天候

9月5日。晴れ。
そろそろ湿り気が欲しい。畑の土はカサカサ。
0905_kyabetu キャベツとブロッコリーを植えました。
去年は鳥に食べられ、糞をされて、全滅だったらしい。
今年は私たちの口にも入ることを祈りたい。

9月6日。
低気圧のせいで、降ったり止んだり。
土にはいい湿り気がやってきました。

しかし、翌日もまた翌日も、雨。こう何日も雨が続くと、畑の作業も、稲刈りも滞っています。(;.;)

2006年9月 5日 (火)

観察

0905_tomatomusi 0905_tomatomusi_up





トマトの収穫中の写真。
トマトももうすぐ終わります。
ひとつの株に白い卵??がびっしり。ちょっとびっくりして「何の"卵"だろう?」とカメラを向けて後で夫に聞こうと。
後で聞いたところ、葉っぱの表に卵は付かない。どうやら、虫のようです。
それが右のUP写真。よく見れば、虫のよう。。。

(_ _ )/ハンセイ

よくは見てこなかった。
観察力のなさを痛感。(×_×;)

観察することって、ただ見るだけじゃぁだめ。
それをよくみつめなきゃ。

看護でも一緒なのに、、、と思います。
ただ、見ることと、観察はちがいます。

何気なく見るだけでは、事実は分かりません。
本質を見極める力が必要です。

私はあと一歩が足りないようです。

今日の収穫

0905_nasu ナスがいったん枯れかかっていたんですが、天候がよい日が続いたせいか、また元気に実を付けてくれました。

今日の収穫o(^-^)o

2006年9月 2日 (土)

お米

0902_all
0902_akaお米もぐんぐんと生長して、稲穂を付けています。
我が家の田んぼが赤く染まります。
それは、『赤米』

赤米の芒(のぎ)が赤く染まっているのです!
美しいです。

ちょうど写真を撮ったときには、小さい白い花を咲いたところ。
うるち米よりも少し遅いのが普通のようです。

0902_moti もち米は収穫を待つばかり。
これから稲刈りで忙しくなりそうです。

後は天候がよいことを祈ります。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »