2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 夏祭り | トップページ | あまい »

2006年7月18日 (火)

思い

最近、長野の県の諏訪中央病院が気になっている。
Be-Nature SchoolとNNNのワークショップで講師をしてくれたバースセラピスト志村季世恵さんが教えてくれた。
「外来の待合室で一番疲れないのが、諏訪中央病院なの。」
どんな病院なんだろう??
『がんばらない』の著書 鎌田寛先生が医院長らしい・・・そんな程度のことだった。

今、『それでも、やっぱりがんばらない』を読み始めたところ。
患者さんの体験の話で、医師のがんの告知があまりにも冷たい対応だったことなどがかいある。
“医療は優しくなきゃ”
“人を丸ごと診ようとしなしこの国の医療の弱点が、ここにある。”

先日、歯科に定期検診にいった。自由診療で、身体のバランスも見ながら見てくれる歯医者さん。
先生「今の歯医者は「歯」しか診ない。それがおかしくなっている原因。」
(歯のかみ合わせが悪くなり、身体のバランスが他の病気を引き起こす等の意味)

なんだか、医療がおかしくなっている。
たくさんの原因があるから何から初めてよいやら・・・と戸惑ってしまう。
おかしい と思っている人もきっと多い。

もし、諏訪中央病院が何かが違うなら、それを観に行ってみたい。
そんな思いがある。


« 夏祭り | トップページ | あまい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い:

« 夏祭り | トップページ | あまい »