2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

« 米作り-種まき編 | トップページ | 妊婦と高尾山へ »

2006年5月 7日 (日)

贅沢なお産

今日は、主人が遊びに出かけてしまった。
だから、ひとりきりでつまらなく、友人に連絡をしたら空いているとのこと。
1年ぶりくらいに会うことにする。場所は新宿。
S県に引っ越して、田んぼと畑の近くのせいか、鳥の声や最近は蛙の声を聞いているから、都会の空気があわなくなりつつあるのを感じる。
都心に出るとさすがにゴールデンウィークのため、人混み。それだけで酔ってしまいそうになる。
簡単にお買い物をすませて、あとはcafeで読書。
ひさしぶりに本にのめり込んだ。

読んでいた途中の 池川明著「赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと」を読み終えて、育児も学びなのねぇ。温かな気持ちになる。
さて、次に桜沢エリカ著「贅沢なお産」 なぜか、この本がネットにひっかかって目に飛び込んできた。漫画家で、彼女の絵は好きだったし、どんなお産だったのかしら?と興味あり、翌日には本屋で購入していた。しかし、すぐに読めず、今日になった。

この本はとても面白くて、のめり込んでしまった。

偶然の妊娠から、セイロカまで行って「(産む場所は)ココじゃぁない」と思っているうちに、「自宅出産」になるのだが、まぁ、贅沢なのだ。本当に。
うらやましいくらいの人の縁があり(超有名な名前がたくさん載っている、うらやましいかぎりだ)、贅沢そのものだと思う。
楽しくマタニティも出産も経験したようで、ほほえましく思う。

一気に単行本1冊読んで、目が疲れてしまった。

その後、友人に会い、おしゃべりをして帰ってきた。
妙に風が強く吹いていて、この家が飛びそうなくらい。
でも、夫はいない寂しい夜。

« 米作り-種まき編 | トップページ | 妊婦と高尾山へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢なお産:

« 米作り-種まき編 | トップページ | 妊婦と高尾山へ »