2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ヤギ 2008年

  • 0114_01
    ヤギの大とかん奈の成長記録
無料ブログはココログ

My homepage

  • 【月うさぎ...】KKOの部屋
    2010年12月『月うさぎ2』からリニューアル!! 音楽はmodern-greyとYanzのこと。助産師としての話をメインに書いています。

2019年7月 4日 (木)

1か月半をかけて書いた

http://yanznews.blog.fc2.com/

5月18日、DOVEのライブが行われた。

一言で言ってしまえば、衝撃的なライブ。
あまりにも圧倒的な迫力、DOVEの世界にどっぷりはまり、抜けられないそんな状態が1か月以上続いた。

それでも日常生活はあるし、今は一番忙しい時期で、やることも多いので、ライブレポをゆっくりと書いている暇もなく。
合間に少し書いては保存、訂正して追加して、保存。その日々を繰り返し、やっとの思いでアップしてみたけど、自分の評価としては60点。

でも、それほどよい内容ではなくても、とにかく書いて、興奮している状況や感じたままに、残しておきたいと思った。

 

2019年6月13日 (木)

癒し

20190613_110859_001864x1152

しまちゃん。おばあちゃん猫、なでなでしてと寄って来てくれる。

20190613_122425864x1152

ここちゃん。マイペースな猫。

なでなではいいね。

20190613_165958864x1152

相棒であり、息子であり、友人みたいな関係、リュウノスケ。

わがまま、マイペースなところはあるけど、大好き。

疲れたり、イライラしても、受け入れてくれるような私の癒し。

私の大切な家族。



2019年5月29日 (水)

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)不安と疑問からの答えは結局はセルフケア

前編 テニス肘(上腕骨外側上顆炎)が直らない 発症から治療そして悩み

からの続きです。

(略歴)

2017年6月から2019月2月ごろまで、整形外科、接骨院に通っては見たものの、直らず、右腕だけでなく左腕も発症する。

とにかく、ずっと通い続けること(直らない)への不安や不満、体への疑問等に変わり。


 

それで、あれこれと動画サイト等でも「テニス肘」等で検索したり、いろいろ見たり。

肩こりに効きそうな

 

とにかく、【自分に合う】《テニス肘のセルフアケ》をひたすら検索する。

 

テニス肘の解説?!

 

 

いろいろ見ていたら、ツイッターで

 

確かに接骨院で手首のつなぎ目がやや硬いと言われたこともある。
これをやってると、腕も楽になる気がする。

とにかく、いろいろ検索して、いろいろ試してみました。
その結果、簡単でかつ自分に効果があったものが動画やツイッターです。

あくまでも個人的な感想。

 

でも、通院するより、ずっと楽だ。何よりここに挙げた方々は、腕一部分ではなく全身がつながっているんだと言っているところが共通している。点で解決しないものは、全体が必要ということかな。

ココに挙げたストレッチだけでなく、他にもいくつか組み合分けてやっています。

2019年3月ごろから通院はしていない。

仕事もそれなりに忙しく、腕も手もよく動かすけど、悪化していることは今のところない。
時々、使い過ぎればやはり痛みが出てくることもある。悪化する前に「セルフケア」を心がけて続けている。

 

 

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)が直らない 発症から治療そして悩み

Ude_s

「右腕が痛いなぁ、筋肉痛かな?」そう感じ始めたのは、2017年の6月頃。仕事で右手はよく使うからそのせいだと思っていた。
しかし、なんかおかしい、筋肉痛ではないようだと感じ、7月に整形外科受診。

ドクター曰く「これになると、なかなか治りにくいですよね」と痛み止めの塗り薬等をもらい、様子を見ることに。
少しはいいが、気休め程度。

よくよく検索していみると、【上腕骨外側上顆炎】俗称でテニス肘、ゴルフ肘というらしい。やはり経験者のブログをみても治りにくいと。
8月か9月ごろ、整形外科で注射してもらう。劇的に良くなったが、1か月くらいしか持たず、また注射してもらったけど、今度は効き目が悪い。逆に注射したところが痛い。

だましだまし使っていると、年末に悪化。痛くてどうしようもない。

年末になって、慌てていろいろ検索して、行ける病院、接骨院、通いやすいところ等探して探して、やっと車で10分もかからない程度の接骨院を見つけ、2018年の正月明け早々に行く。あんまり近所過ぎてもいやな気がして、気分転換も含めて、テニス肘に理解のある(治療経験がある)接骨院を選んだ。

「上腕の筋肉がかたくなって、関節近くに炎症が起きてますね。マッサージをして、柔らかくしていきましょう。」

週に2~3回くらい通うことになる。最初の1か月でかなり良くなった。また、テニス肘用のサポーターも買って、使うと楽だ。また、ストレッチも欠かさずやる。肩こりもひどかったので、施術してもらって楽になる。冬場は編み物をすることと、寒さで体が縮み、肩こりもひどくなる。

通院が3か月くらいで済むかと思ったら、「出来れば、週2回は来てください」(>_<)と。仕事も忙しくなれば、腕も使うから、ケアが大切と言われて、そのまま通い続ける。確かに行けば楽になってくる。痛みは、2018年の春ごろには随分と無くなり、時々痛む程度なっていた。週1回になっても、なかなか治らないし、「今日でおしまいです」と言われることがないも。通院に疲れてきた。(通院して7か月ほど経過している)

秋から仕事も忙しく、行ける暇もなく、しばらく行かなくなった。

腕の方は、相変わらず時々痛いが、ストレッチすれば時々良くなる。

 

しばらくしたら、今度は左上腕、とう骨側が痛い。

2019年1月また、接骨院に行くことになる。右腕と左腕の両方を施術してもらうことになる。
「右腕をかばったせいで、左腕にも負担がかかりましたね。」

やはり週2回の施術をしたほうがいいと言われる。


しかしながら、やや納得できない状況になってきた。
・とにかく、終わりがない

・肩こりもあるし、その影響もあるのではないか?

・私の体の使い方(クセ)に問題があるのか?ないのか?もわからない。

・保険適応等の問題もあるせいか、接骨院では上腕だけしかみない → 結局は身体は全身でつながっているわけで、一部を直しても意味がないように感じられるようになる。

・こじらせ過ぎたのか?

・通院にとにかく疲れた

 

このままでは、私は言われるがままに通い続ける それって、農業や編み物等している限り、ずっと続くのか???

そんな不安と疑問でいっぱいになった。

 

後半は、結局はセルフケア編に続く

 

 

2019年5月 7日 (火)

ジャガイモ失敗

3月上旬に植えたはずジャガイモ。
3月末になっても、ほとんど芽が出ず(+_+) どうやら、失敗した模様。

 

20190505_jyagaimoxx_1

(向きが変えられません<(_ _)>)

原因は、種イモを切り、切り口に灰をつけてから植えます。灰を付けてから数日おいてしまったことが原因らしい(夫談)

イモ好きな私には残念ですわ。

 

«畑の片づけが少しずつ進んでいます