本日の流しそうめん

参加される皆様へ

曇りの天気予報です。
実施いたします。
10時までにいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

藍の煮出し染め

今年の夏は、藍に夢中。
沈殿藍作りしてみたものの、これでよいのか?とクエッションが残るまま。

Aitinden2

藍の枝葉2キロくらいで、こんなもの。約20グラム。
9月に入ってからも、沈殿藍作りしたかったが、天候は悪く気温も涼しくなってきたので、やめました。また来年に向けて、頑張ります。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そして、藍の生葉?青汁?を煮出しても面白い色が出る・・とも聞きました。ネットでも検索して、生葉で煮出し染めしてる方を発見。

方法は、煮出し汁と、生葉の青汁(酵素液として使用するようです)を混ぜて、染めるようです。
早速、トライ!
生葉染と色の違いがでるのか、研究のため、少量の毛糸(ウールたぶん100%)
煮出します。
Ainidasi
Ainidasi2
バケツにあけて、40度以下になるまで冷まします。
最初は茶色。

そこに生葉をミキサーにかけて、ネットに入れて汁だけ取りました。
その青汁を40℃以下になった煮汁に、投入(写真ありません)

ウールの糸と、重曹で洗ったもの、水で洗ったものを入れました。
Ainidasi3 Ainidasi4
時々混ぜながら、30分放置。

30分後には、茶色だった液が濃い青い液に変わります。これも(@_@)。

比較用の生葉染。ウールのみ。
Ainamabazome

染めた結果はこんな感じ。
Aikurabe Aikurabe_momen

ウールの色の違いにびっくりです。
上が煮だし液を使った方。濃い青色です。
下が生葉染。
木綿は薄いし、すぐに色落ちしそうです。
木綿は、煮出しながら染めると違うかもしれない?!今度、トライできるときがあればやってみます。

この方法を知って、毛糸を染めたくなりました。
生葉染した毛糸は、どんな藍の葉の量を多くしても「水色」。夫から「冬にその色(水色)は寒々しい」と言われてから、ウールの毛糸を染めなくなりました。
まだ、生葉があり、そろそろ花も咲きそうなので、早めにどうにかしたい。
こんなに濃くなれば、ウールの毛糸を染めてもいいなぁ。セーターを編みたくなりました。
藍の奥深さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

明日の流しそうめん

明日(8/28)の流しそうめんについて

曇りの天気予報なので、実施する方向で準備しています。
150822_02 (昨年の写真)
参加される方で、ご心配な方はレインウエアまたはポンチョなどあるといいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

困ったなぁ

困った。

その1>大雨で畑はぐちゃぐちゃ。道は川のようになっています。
     せっかく植えてあるきゅうりやピーマン、ナス、かぼちゃなど被害が出そう。

その2>やはり大雨で、台風の風もあり、稲が倒れそう。
     取り切れていないヒエ(雑草)も多いから。

その3>私の趣味のために栽培している綿花。
     風と雨の影響で、倒れています(>_<)。支柱をいなければなりません。

その4>趣味続きで、先日書いた「泥藍づくり」は、やはり失敗かな。
      けれど、進歩はありました!口癖のように言っている『失敗は成功の元』

その5>畑は上記のような状態で、ヤギも外に出せません。ストレスフルなリュウノスケ。
     今日は晴れていたので、少しだけ外の水浸しの様子を見たらあきらめるかと思ったら、その逆。座り込んでしまった(+_+) 手前が道ですが、小川の様にちょろちょろと水が流れています。
Dcim0299

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

只今、挑戦中

Tai_081900

蓼藍から、泥藍が作れるとSNSで知りました。

藍の生葉染は、青汁にしたら絹やウールは良く染まります。木綿や麻などは薬品を使わないと染まりません。しかし、この泥藍が作れたら、木綿も染められるようになり、かつ、乾燥された藍になるので、季節も限定されずに使えるとのこと。
葉っぱはいっぱいあるので、チャレンジしています。

すでに2度やったけど、失敗でした(+_+)(p´□`q)゜o。。
これで3度目の正直となればいいんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日の1枚